青空暮らし

*

お弁当のおかずの冷凍保存と自然解凍で作り置きも簡単な料理や衛生面

   

今回はお弁当のおかずの冷凍保存と

自然解凍について作り置きできる

簡単な料理メニューの一覧と

衛生面についてご紹介したいと思います。

食材によって冷凍に向かないものや

変な匂いがしやすい原因を回避する

おいしい冷凍方法、

いつも通りの作り方と比べた場合に

食中毒の原因の雑菌の繁殖具合で

どちらがより安全であるかなど、

ぜひ最後までお読みいただきたいと思います。

スポンサードリンク

お弁当のおかずの冷凍保存と自然解凍について

お弁当のおかずを前もって作り、
冷凍保存できればとても便利ですね。

さらに作ったおかずを冷凍のまま
お弁当に詰めて自然解凍という形で
旦那様に渡せるならば、
忙しい朝は負担が軽くなると思います。

その場合冷凍保存に適した料理と
不向きな料理の違いがわかると
安心して作れるのではないでしょうか。

その際、冷凍保存に適した料理の
おいしさの決め手となるのは
自然解凍した時に水分が出ないものと
言われています。

具体的にはグラタンなど
水分の出やすいものなので
このような場合は自然解凍ではなく
電子レンジでチンしてから
お弁当に入れると良いでしょう。

それから些細なことですが
冷凍方法に気を使うだけで味の違いが
出ることもあります。

作ったおかずをタッパーなどの
容器に入れて冷凍した場合は
変な匂いがすることがあります。

この場合はジップロックなどに入れ
空気に触れないように
中の空気も抜きぴっちり閉めてから
冷凍すると冷凍庫の匂い移りを防げます。

ここで紹介した冷凍方法を踏まえ
実際に自然解凍してもおいしい
作り置きも簡単な冷凍メニューは
どのようなものがあるか
いくつか紹介します。

作り置きして冷凍できるおかずの簡単な料理メニュー

先ほど紹介したように
水分が自然解凍で出やすいものでも
火を通した根菜や茹でた葉ものは
冷凍しても食感は変わりません。

それに調理法もこれならば
ほとんど簡単なものばかりとも言えます。

・具体例

きんぴらごぼう

人によっては油っぽさを気にすることもあります。

その場合は少なめの油で炒めるなどすると良いでしょう。

ほうれん草のおひたし

さっと茹でるのがポイントです。

時間を必要以上にかけると美味しくないです。

切り干し大根の煮物

ヘルシーで体に良い栄養満点の料理ですね。

一度干してある切り干し大根は、食感も変わりません。

ひじきや豆の煮物

こんにゃくは水分が多いので食感が変わります。

冷凍こんにゃくは凍み(しみ)こんにゃくとも呼ばれます。

個人的に好きですが、水気のないこんにゃくは慣れないうちはゴムのような食感で、まずいと感じる方もいます。

人参・ブロッコリー・いんげんのボイル

彩りがきれいなので定番かもしれません。

系統的にじゃがいものボイルもできそうですが、食感も味もかなり落ちるのでおすすめできません。

野菜以外で冷凍に適した
簡単メニューは揚げ物が楽ですね。

揚げ物の場合は作らなくても
スーパーのタイムセールなんかで
めっちゃ安く買えたりします。

冷凍食品に比べても安価ですし
買った後はなるべく早く
冷凍庫の匂い移りがしないように
気をつけて冷凍すると良いでしょう。

お魚の場合は焼いてから冷凍すると
自然解凍でおいしく食べることができます。

スポンサードリンク

ハンバーグやソーセージなどの
お肉料理もお弁当の定番メニューで
実際に自然解凍でもおいしいと言われます。

しかしながら人によっては
食感がボソボソするなど
敏感な人には本当にまずく感じます。

無難にこなすならば冷凍せずに
今まで通り調理してから
お弁当に詰めたほうが良いかもしれませんね。

お弁当を自然解凍した場合の衛生面について

自然解凍でおいしいメニューは
わかったけど温め直しもしないで
衛生的に問題はないの?といった不安もあると思います。

衛生的なことを考えると
実際に怖いのは食中毒ですよね?

つまり食中毒の原因と言われる
雑菌の繁殖が激しくなりやすいのは
「生ぬるい」と感じる温度の時になります。

そのため生ぬるいものを
冷凍すると菌の増殖のピークに
冷凍することになります。

傷んだ食材を冷凍することと
同じなので理屈的には
鮮度が落ちた食材と考えると
わかりやすいかなって思います。

ということは調理後すぐが
雑菌が一番少ない状態なので
その料理を急激に冷やすことで
食の安全を保ったまま
冷凍保存できる状態になります。

生ぬるい時間を短くすると良いってことですね。

それでは冷凍したものを
自然解凍した場合はどうかというと
これはおかずによって解凍時間が
まちまちなのでなんとも言えません。

しかし食べる頃合いに少し冷たいと
感じるならばそれは成功でしょうね。

シャリシャリしたとしても
生ぬるいよりは衛生上は良いので
温め直してお弁当に詰めるよりは
はるかに危険度は下がります。

それにまちまちと言ったように
先に解凍されたおかずがあっても
まだ解凍中のおかずが
同じお弁当箱の中にある場合は
箱の中の温度は低いはずです。

つまりお弁当箱の中が
冷蔵庫のような状態なので
いくらか安心ではないでしょうか。

個人的には普通に作って詰める
お弁当に比べ自然解凍のお弁当は
よっぽど安心できると思っています。


スポンサードリンク

お弁当のおかずの冷凍保存と自然解凍で作り置きも簡単な料理や衛生面のまとめ

冷凍保存して自然解凍できる
お弁当のメニューは
冷凍方法に注意すると
おいしいだけでなく食の安全も
保つこともできそうですね。

簡単で美味しくて安全というのは
理屈も含めて理解できれば
安心感も生まれることと思います。

送料無料/笠原将弘のやみつき極上なべ/笠原将弘

 - 生活の話