青空暮らし

*

幕張メッセの駐車場を予約し渋滞中も優先的に超安く利用できる裏ワザ

      2017/04/20

幕張メッセ駐車場は予約する意味が

あまりないと思ってしまうほど

周辺には広大なスペースがあります。

そのため各イベント主催者も

大渋滞は予想しますが駐車場の心配は

それほどしていなかったりもします。

しかし自分の知らない大規模イベントが

幕張メッセ周辺で当日重なった場合は

どうでしょう?

予約するメリットとしないデメリット、

満車時でも格安で優先的に利用できる

裏ワザなど紹介してみました。

場所的には穴場でもありませんが

使い方次第では穴場以上の魅力があります。

知らなきゃ損とも言える方法を

ぜひ手に入れてくださいね。

スポンサードリンク

幕張メッセ周辺の駐車場を予約する意味

幕張メッセの駐車場はとても広く
満車になることはそうそうありません。

しかし周辺イベントが重なってしまうと
満車にはならないとよく言われる
広い駐車場でも危ういこともあります。

また人気のあるイベントによっては
朝早くから会場に並ぶことによって
自分の目的をスムーズに果たせます。

でも会場の駐車場のように
営業時間が朝8時過ぎてからなら
駐車できるまでにかかる時間は
けっこう長いんですよね。

こんな時に殺到してしまう駐車場は
24時間制のコインパーキングなどです。

幕張メッセのイベントは
全国規模の集客数を誇るため
当然そちらも競争となります。

簡単に言うと早い者勝ちですね。

ですが予約することによって
事前に駐車場の確保ができるので
少しくらい遅くても余裕で利用できます。

幕張メッセ周辺の駐車場待ちの渋滞について

幕張メッセの広い駐車場に
ほとんどの車は集まります。

しかし先ほど紹介したように
イベント時は24時間制の
コインパーキングは人気があります。

24時間制の魅力は1日料金ではなく
入庫してから24時間
料金据え置きになるところでしょう。

そのためイベントが連日続く場合も
必死な常連さんは利用します。

その際はイベントの開催時間が
近づくほどにどの駐車場も
利用待ちの渋滞ができる場合があります。


スポンサードリンク

そんな時はなかなか入れずに
コインパーキングの前に並びながらも
開始時間がどんどんどんどん近づきます。

駐車場を予約できたとしても
渋滞が長ければ時間がかかるから
意味ないように感じますよね。

でも次で紹介する反則のような
裏ワザを使えばそんな悩みは
簡単に解消できます。

幕張メッセ周辺の駐車場で優先的に超安く利用できる裏ワザ

せっかく駐車場を予約したのに
結局渋滞が長く時間かかって
イベントに間に合わなかったなんて
悔しい思いをしたくないですよね?

そんな時こそこれから紹介する
予約駐車場が役立ちます。

実はそのコインパーキングは
幕張メッセからもかなり近い
24時間営業の普通の立体駐車場です。

なので年末のように複数のイベントが
重なる時には全国から押し寄せて
満車になる可能性もあります。

その場合は待ちの車の行列が
長くできやすくなります。

予約駐車場から手続きをするだけで
満車時でも優先的に
スムーズに利用ができるんですよね。

それなのに特別な予約料金もなく
通常通りの平日1001円、
土日祝日は1500円です。

そのため予約しないデメリットより
予約するメリットの方が
かなり大きいとも言えます。

予約可能な期間は
基本的に本日から14日間ですが
それより先も予約可能ですよ。

ご利用の際にはリンク内注意事項の
1日駐車券の受け取り方法を確認し
お得な料金でご利用ください。

先ほど紹介したリンクで
空きがない場合は同じ料金で
予約できる第2駐車場も利用できます。

なお、詳しい場所や他の駐車場も
格安予約駐車場一覧地図
確認することができます。

どこでもそうですが
予約は早いもの勝ちなので
私の経験上迷う時間はリスクが高く
空いていたらすぐに確保するほうが
やはり後悔は少ないですね。

関連記事
→知ってる人だけ得をする!幕張メッセ周辺で一番安い駐車場はこちら

→幕張メッセの裏技?イベント時の渋滞・混雑の回避方法

→ロッテの球場で野球を見る時の便利な駐車場

→幕張メッセ周辺の超格安ホテル一覧はこちら(楽天)

幕張メッセの駐車場を予約し渋滞中も優先的に超安く利用できる裏ワザのまとめ

幕張メッセ駐車場の良さは
満車にならずに近くて安いのが
魅力だったりします。

しかしイベントが重なりまくると
時間帯によっては朝から渋滞もあり
開演時間に間に合わない可能性もあります。

どうせ似たような距離と金額ならば
現地周辺に到着してから慌てるより
予約したほうがかなり安心ですし確実です。

レビューも参考にしながら
ご検討くださいね。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,