青空暮らし

*

マテ貝を保存 冷蔵庫でする方法と冷凍の場合や食べられる期間の紹介

   

潮干狩りでマテ貝が採れた時は

たくさんあるほど食べきれないし

明日も食べるから冷蔵かなあとか

ちょっと多すぎるから

とりあえず冷凍しておこうとか

そのときの状況に応じて保存方法も

いろいろ考えちゃったりしますよね。

今回はそんな場合でも

シンプルなのに失敗の少ない

おいしい冷蔵・冷凍の方法を

紹介してみました。

一般的な賞味期限や実際に

おいしく食べられる期間など

長く味や品質を良い状態で保つには

どうすれば良いかも

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

マテ貝の保存 冷蔵庫ではどうする?

マテ貝は貝の中でも繊細な生き物で
以前砂抜きの紹介記事でも
説明したように
その持ち帰り方や下処理の時も
ちょっとしたことで
死滅しやすかったりもします。

死んだ貝は腐るのも早いので
間違って食べても危険ですし
慎重になってしまいますよね。

そのため生きた状態のままで
長持ちさせることは
ちょっと難しいかもしれません。

どうしても生で食べたいと
思っているならば
海水を用意してその中に
マテ貝を入れておけば
運が良ければ冷蔵庫でも
1日くらい持つこともあります。

ただ、食べきれないほど
たくさん採ってきた場合は
今日食べる分も合わせて
簡単な下処理をしたら
さっさと茹でることをおすすめします。

つまり冷蔵庫で保存するのは
熱を通してからが安全だし
一番良いということですね。

それから後でゆっくり食べようと
考える場合は冷凍保存も
かなり有効だったりします。

次は冷凍の保存方法について
ちょっとお話しますね。

マテ貝の保存方法 冷凍の場合について

マテ貝を冷凍保存する場合、
生のままでも冷凍することは
普通にできます。

しかしマテ貝には独特の臭みがあり
生でそのまま冷凍しちゃった場合は
解凍がちょっと面倒くさいです。

そのため冷蔵保存のように
一度火を通し加熱処理をしてから
冷凍保存したほうが楽で安心です。

保存前の詳しい処理としては
砂抜きなどをした後に
たっぷりのお酒とお水を
1:1の割合で茹でると
臭みを抜くことができます。


スポンサードリンク

いい感じに茹で上がったら
ザルにあけて冷まして
そのまま冷凍します。

もしも冷凍庫のスペースを
重視する場合には殻をむいてから
冷凍しても良いですね。

他にも方法はありますが
実際、これが一番シンプルで
手っ取り早いです。

それではこの方法で
どのくらいの期間なら
食べられるかその賞味期限について
次で説明しますね。

マテ貝の冷凍保存 食べられる期間は?

通常の家庭用の冷凍室では
品質保持期限が約6ヶ月と
言われています。

しかし冷凍したと言っても
保存方法が悪いと
その賞味期限が早まるので
1ヶ月くらいでも微妙なんですよね。

この保存方法が悪いというのは
わかりやすく言えば
空気に触れている状態です。

そのためできるだけ冷凍する時は
真空に近い状態で保存するのが
理想的な状態だったりします。

どっちみち空気に触れちゃうと
水分も抜けてしまうし
酸化もしちゃいます。

普通のタッパに入れるなど
そういった場合には
冷凍焼けや腐敗もしやすいので
真空パックとかできれば
一番長持ちできると思います。

実際、2ヶ月くらいは
食べることは可能でしたが
ちょっとそれ以降は
食べたことがありません。

でも、解凍してから
臭いを確認して腐敗してないか
チェックしたほうが安心ですね。

貝はあたると怖いので
当然ながら早めに食べたほうが
絶対良いと思います。

それでも真空パック器があれば
より安全により長く
おいしく食べられるので
かなり便利ですよ。


お宝プライス【送料無料2,980円】真空パック器 フードシーラー 専用ロールセット 美味しさそのまま 家庭用 シーラー フード 食品保存 料理 ###真空パックK3/ロール◆###

関連記事
→えっ?マテ貝って砂抜きしなくていいの?じゃあそのまま食べれるの?

→簡単すぎる!初心者でもプロ並みに採れるマテ貝狩りのコツ

→マテ貝ってどこにいる?穴の場所と見分け方

→めっちゃ大事!アサリやハマグリの砂抜きと保存方法

→潮干狩りきたら牡蠣めっちゃあった!あれ?なんでみんな採らないの?

マテ貝を保存 冷蔵庫でする方法と冷凍の場合や食べられる期間のまとめ

マテ貝の保存方法は他にも
乾燥させたりとか
佃煮などもあります。

しかし今回紹介した方法は
かなりシンプルなので
失敗も少ないですし
いろんな調理もしやすいでしょう。

ですが保存状態が悪ければ
どっちみち味も落ちやすいし
長持ちもしないので
できるだけ真空を心がけると
よりおいしく召し上がれますね。

関連記事も含めて参考になればと思います。

スポンサードリンク

 - 生活の話 ,