青空暮らし

*

艸原祭の大かやば焼 妙高高原駅から池の平へバスでの花火大会の行き方

   

艸原祭の大かやば焼について

電車で会場まで行く方法と

帰り方について紹介がてら

自分の予習として書き留めてみました。

電車だけでなく妙高高原駅から

池の平会場へバスで行く場合や

帰りの電車の時間についてなど

2017年の参考になりそうなら

ご自由に利用してみてください。

ちなみに関連記事では

車で行く場合について駐車場など

地図も使っているので

文中のリンクから飛んでみてください。

スポンサードリンク

艸原祭の大かやば焼ってどう行くの?

艸原祭の大かやば焼って
花火大会だけじゃなく
グルメ屋台とかステージイベントも
けっこうあるんですよね。

普通に花火だけじゃもったいない
美味しく楽しいイベントだったと思います。

ただ自家用車で行っても
電車で行っても会場へ行くには
バスを利用することになるんですよね。

どっちみちバスを利用しないと
行けないのなら
電車の方が楽なのかなあと思い
今回はその行き方について
いろいろ調べてみました。

まず艸原祭の最寄駅についてですが
妙高高原駅になります。

当日は土曜日なので
どこかに寄ってから行こうとも
考えているので、
乗り換えの少ないルートで
東京、長野、直江津の3カ所からの
電車利用を調べてみました。

東京駅からはJR北陸新幹線で
長野行きか金沢行きに乗り
長野駅で一度降りるのが早そうですね。

その時の状況にもよりますが
お金をかけたくないなら
練馬駅から高速バスで
長野駅へ向かう方法もあります。

新幹線では片道7680円ですが
高速バスでは4800円と
かなり安かったりしますね。

長野駅からはしなの鉄道北しなの線の
妙高高原行で乗り換えなしで
運賃も830円で行けます。

直江津から行く場合には
妙高はねうまラインの妙高高原行で
妙高高原駅へ670円で行けます。

次は会場までの行き方について
もう少し詳しく説明してみます。

妙高高原駅から池の平へバスで行くには

通常であれば妙高高原駅から
艸原祭の会場までは
杉野沢・笹ヶ峰行の
路線バスに乗って行きます。

バスに乗ったらいもり池停留所で
下車?降車?して歩きます。

会場は池の平温泉いもり池周辺と
表示されていると思いますが
ちょっと曖昧ですよね?

でも、これはあくまでも通常時の行き方です。

艸原祭当日は普通に妙高高原駅から
会場までのシャトルバスが運行されます。


スポンサードリンク

艸原祭のシャトルバスの料金は
無料なうえ会場までも
直行で行けるのでそちらを利用すると
かなり便利ですね。

しかし運行時間はお昼の
13時から21時までとなっていて
20分間隔で運行されています。

早めに着いた場合には
徒歩では1時間以上かかるので
素直に路線バスで行くか
13時まで時間を潰して
無料バスに乗るかした方が賢明ですね。

会場の詳しい場所については
関連記事にて地図も使って
説明しているのでそちらをご確認ください。

妙高高原の花火大会の行き方と帰り方

上の方法で会場へは
問題なく行けるでしょうが
先程のように早い時間に着いて
時間つぶしといっても
近くに何があるかが問題です。

妙高高原といえば温泉も有名ですが
徒歩で行くには近い場所でも
1キロ以上歩くので
行きは良いのですが
帰りはしんどそうですね。

なので無難な時間つぶしでいえば
駅前にある”カネタ土産店”が
一番良いかもしれません。

こちらは新潟県のお土産も
一通りそろってますし
19時で閉店しちゃうので
艸原祭の花火まで見ちゃうと
帰りは寄れないっぽいですね。

なので時間つぶしというよりは
お土産選びの時間として
有効に利用できそうです。

それにお土産だけでなく
山野草のグルメも好評らしく
このお店で軽食も可能です。

帰りの電車ですが21時以降は
長野駅行きは21時50分と
22時49分の2本だけで
このルートでは東京駅へは
最終の22時8分の最終の新幹線に
間に合いません。

そのため日帰りで花火まで見るなら
妙高高原駅には遅くても
20時59分の電車で
長野駅へ向かうしかないですね。

直江津方面なら21時台は
11分と51分の2本と
最終の23時12分の3本です。

ちょっと前までは臨時列車も
運行されていたようですが、
今回はよくわかんないし
翌日も休日なので日帰りするより
温泉を満喫しながら
こちらで1泊するのも良いかもしれません。
→艸原祭の会場周辺の超格安ホテル一覧はこちらから(楽天)

関連記事
→艸原祭の会場と駐車場について地図で確認してみました

艸原祭の大かやば焼 妙高高原駅から池の平へバスでの花火大会の行き方のまとめ

艸原祭の大かやば焼へ行くには
電車で行くにはそこまで問題なく
到着時間だけ注意したいですね。

到着が遅いなら無料シャトルバスで
最寄り駅から行けば良いですが
早すぎた場合には路線バスでも行けます。

駅前のお土産屋さんでお買い物や
お食事でシャトルバスの
運行される13時まで時間も潰せます。

ただ帰りの電車のほうが
時間的な注意は必要で
最後まで楽しみたい場合ならば
宿泊したほうが無難でしょうね。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,