青空暮らし

*

プラスチックの劣化を防止し長持ちさせる割れなどの対策や方法

   

プラスチックの経年劣化について

その防止や長持ちさせる対策など

わかりやすく紹介してみました。

材質などでも劣化の早さは

違ったりもしますが

例え同じ樹脂素材でも選び方次第で

割れたりだとかボロボロになる

脆さの時間というか

期間の早い遅いも変わってきます。

お買い物で迷った時や

誰でもできる処置方法など

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

プラスチックの劣化は防止できる?

たとえば100均などの
プラスチックでできた
洗濯バサミなどは劣化が早くて
2年も持たない場合もあります。

いつも通りに使っていたのに
洗濯物を干す場合
ある時急にパチンと割れるとか
結構よくある話です。

別に100均に限った話でもなく
プラスチックならばこのように
劣化すれば強度も一瞬で弱くなります。

しかし少しでもこの劣化を防ぐと
もっと長持ちもするはずですよね。

これから紹介する
長持ちさせる方法や対策では
それが可能かもしれません。

たとえば長持ちしないものや
劣化しやすいことをしなければ
延命にもつながるでしょう。

早速ですが色々紹介していきますね。

プラスチックを長持ちさせるには

実例なのですがプラスチックは
その商品を買うことから
長持ちするのかしないのかが
別れることがあります。

お買い物ではデザインなど
自分の気に入ったものを
選んだりしますよね?

そのプラスチックの材質でも
もちろん劣化の差はありますが
そのためだけに商品を選ぶのも
難しいと思います。

しかし色でも劣化が起こる
年数に違いがあります。

そのため同じ材質ならば
科学的に考えれば赤い色は特に
劣化はかなり早いです。


スポンサードリンク

赤い塗料の含まれた
ピンクも同様にもろくなるのは
結構早いですね。

赤い色のプラ製品や樹脂などが
ピンクがかったりさらに放置して
白くなったとか経験はないでしょうか?

この理由は次で紹介する
劣化対策にもつながる原因があります。

まあ、買い物に迷ったら
赤系統のプラスチック製品は
買わないというだけでも
かなり持ちは違うということです。

プラスチックの劣化による割れなどの対策と方法について

プラスチックの劣化対策ですが、
一番良い方法は
必要のない時はきちんと
暗い場所にしまうということです。

それが難しい場合には
カバーをかけるのが一番です。

これは紫外線が劣化を早める
大きい原因だからです。

先ほどは赤い色が劣化が早いと
紹介しましたが、
紫外線を集めやすい色は
赤い色だったりもします。

赤が赤に見えるのは
反射した色が赤い色だからです。

色というものは反射をすれば
吸収もしますが
赤い色の場合であれば
青い色を大量に吸収しやすく
紫外線も吸収しやすかったりもします。

そのため昔からあるような
注意書きの看板などでは
赤い部分だけが消えちゃって
読めないこともよくありますよね。

それだけ紫外線の破壊力は
かなり大きいので
これを知っておくだけでも
大きな対策になるかと思います。

個人的にはUVカットの
コーティングなども
特に効果は高い気がしますね。

関連記事
⇒プラスチック製品の黄ばみを確実に取り除く超簡単な方法

⇒オキシドールでも黄ばみは簡単に取れるの?

プレクサス(Plexus) Lサイズ(368g)【洗車/コーティング/ツヤ出しに】(プチプチ梱包丁寧)(適正送料:ぼられていませんか?)

プラスチックの劣化を防止し長持ちさせる割れなどの対策や方法のまとめ

プラスチックの劣化は
他にもいろんな原因はあります。

しかし紫外線の破壊力が
大きいのはご理解いただけたと思います。

外に置かなければいいだけとか
思うのも少し間違いで
蛍光灯などでも紫外線は発生し
普通に屋内でも劣化はします。

そのため自動車などの場合は
車庫に入れておくだけで
だいぶ違ったりもしますね。

スポンサードリンク

 - 生活の話 ,