青空暮らし

*

ピアス穴を開けた日のお風呂や当日のシャワーとシャンプーについて

   

ピアス穴を開けた当日はお風呂や

シャワーは入っちゃいけないと

ピアッサーの説明書に書いていたり

病院のお医者さんに言われたりします。

でも、ネットでは入っても大丈夫とか

逆に絶対やめたほうが良いとか

書かれてたりもしますよね。

では、実際にお風呂に入って

シャンプーしたりとかすると

どうなるでしょうか?

今回は実際にピアッシング当日に

お風呂に入った私の体験談と

絶対に注意したいことなど

紹介してみました。

最後までお読みいただければ

ピアスの穴を開けた初日の

耳たぶの洗い方も参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

ピアス穴を開けた日のお風呂は入って大丈夫?

ピアッサーなどで耳にピアス穴を
開けたばかりならば
お風呂は控えるようにと
病院で言われたり
ピアッサーの説明書に書いてることもあります。

でも、私は入りました。

そのときのことを紹介していきますね。

基本的にはお風呂に入っても
それなりに気をつければ
それほど問題にはなりません。

やはりピアスの穴というのは
完成するまでは傷口なので
刺激を与えず清潔を保つというのが
前提となります。

そのため基本的には素手では
触らないほうがいいですね。

それから湯船につかったりするのも
しばらくは避けたほうが良いです。

というのも、湯船に入っちゃうと
血行が良くなるので
じんじんして痛いんですよね。

さらに湯船のお湯が傷口につくのも
衛生的に良くないので
原因となる行動は
極力避けたほうがいいでしょう。

次は耳の洗い方を説明しますね。

ピアス開けた当日のシャワーについて

ピアスの穴を開けたばかりのうちは
お風呂のお湯も微妙なので
シャワーで洗います。

傷口は刺激を感じると
分泌液が結構出てきます。

分泌液も最終的には
汚れになっちゃうので
初日は石鹸などは使わずに
ぬるめのお湯だけで洗いました。

ちゃっと痛みがあるようなら
水のほうが良いですね。

時間が経っちゃったならお湯のほうが
汚れは取れやすいですが
めっちゃ痛いようなら無理はしないで
水で汚れを洗い流します。


スポンサードリンク

血が出なくなるまでは
同じような洗い方でいいと思います。

消毒ジェルをつけた場合には
完全に流れるまでひたすら
シャワー流しっぱなしで
洗ったほうがよかったりもします。

でも、石鹸を使わないと考えると
シャンプーはどうすんの?って
ちょっと思いますよね。

次はそちらについて紹介します。

ピアス穴を開けた日はシャンプーしてもいいの?

シャンプーにもよりますが
ピアスの穴につかないように
気をつければ髪も洗えます。

しかし先程言ったように
刺激を与えればアウトです。

そのため薬用シャンプーや
爽快感のあるものなどは
避けたほうが良いですね。

このようなシャンプーは
泡がついた時だけじゃなくて
すすぎの時にも場合によっては
傷口に当たった時に
刺激があったりもするので
泡切れの良い普通のもののほうが良いです。

とは言ってもたいていの場合は
少しくらいシャンプーの泡が
当たっても痛いとかは
そうそう感じなかったりもします。

スースーするタイプのシャンプーは
しばらく痛みが続くので
とにかく普通のシャンプーなら
ほとんど影響はないですね。

そのためリンスとかも
普通にできました。

注意することはちょっとだけ
多かったかもしれませんが、
最初のうちだけなので
次からはもう少し楽になりますね。

通常のお風呂やピアスのトラブルなど
事前に関連記事でチェックすると
良いかもしれません。

関連記事
→一瞬で治ったピアス穴の膿みについて

→ピアスで裂けちゃった場合の病院は何科で費用はいくら?

→重いピアスつけると本当に耳たぶが裂けたりするのか紹介しました

→ファーストピアスの消毒はいつまで1日何回すればいいの?

→ピアス穴開けた場合、すぐに海って入れるの?

→ピアスの穴はどのくらいの時間でふさがるの?

→ショップでピアス穴を開けたら値段はいくら?

→ピアッシング無料のJPS提携病院と口コミ

→ピアッサーで失敗してもまた使って大丈夫?

→ピアッサーの痛くない再利用について

→浴衣着たときに絶対似合うピアスってどんなもの?選び方やコツについて

ピアス穴を開けた日のお風呂や当日のシャワーとシャンプーについてのまとめ

このようにピアッシング当日でも
お風呂はそこそこ普通に入れます。

ある程度は気をつけないと
ちょっと大変かもしれませんが
上で紹介したようなことに
注意すればだいたい大丈夫だったりもします。

ただシャンプーの時には
手がピアスに当たらないように
注意したほうがいいかもしれませんね。

関連記事も含めて参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 生活の話