青空暮らし

*

咲花温泉水中花火大会の駐車場と見える場所や行き方について

   

新潟県の咲花温泉で行われる

水中花火大会について日程から

花火の時間や駐車場まで紹介してみました。

また、観覧席についてや

場所取りの必要性だけでなく

その行き方や見える場所、

注意点なども最後までお読み頂くと

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

咲花温泉水中花火大会

咲花温泉の水中花火大会の日程

2017年6月9日金曜日

打ち上げ時間

20時〜20時40分

打ち上げ場所

咲花温泉向かいの阿賀野川

例年は200〜300発という
こじんまりとした規模の花火ですが
こちらのファンはとても多かったりもします。

水面に浮かぶ芸術的な水中花火は
周りの川面も巻き込む反射効果で
さらに幻想的な風景を堪能することができます。

舟から花火を投げ込むため
岸辺からも楽しめますが
最近では船で行く特別席も
設けられています。

咲花温泉の宿泊客であれば
場所的にも申し分ない観覧席で
協賛席にも近い場所から楽しめます。

ですが宿泊客でなくても
一般の方も見ることは可能ですし
川沿いから鑑賞することもできます。

次は温泉旅館に宿泊しない場合の
一般観覧席について紹介します。

咲花温泉の駐車場はどこ?

咲花温泉水中花火大会は
温泉客・協賛者観覧場所というのが
あらかじめ決まっています。

そのため一般の観覧場所というのも
決まっていたりもします。

さらに花火大会の臨時駐車場も
用意されているため
多くの場合はそちらを
利用することになります。

駐車場所は「道の駅阿賀の里」で
370台の乗用車と
4台の身障者駐車場が設けられて
30台の大型バスも利用できます。

2016年からは特等席として
堤防の上というこれ以上ないほど
素晴らしい眺めの観覧席も設けられました。


スポンサードリンク

堤防の上から見る場合にも
阿賀の里から船に乗り
堤防へ行くというコースになり
もしかすれば駐車場はいつも以上に
混雑するかもしれません。

そのためできる限り
日の明るいうちに早めの到着が
駐車利用においては必須でしょう。

例年の観覧者数は1300人以上で
それなりの混雑も覚悟は必要です。

もしも駐車利用に自信がない場合は
宿泊施設の予約なども
視野に入れて考えてみるしかないかもしれません。

しかし温泉旅館によっては
駐車場を観覧席にしちゃったり
専用道路を宿泊者以外は
通行禁止にしていたりもするので
旅館側から見るには注意も必要ですね。

駐車場の場所については
下地図でご確認ください。

花火大会の見える場所と行き方について

水中花火は阿賀野川河畔で
見られますが、
もう少し詳しく言うと
咲花駅から北側へ歩いた先の
川が花火の場所になります。

車で行く場合には
その対岸で見ることになりますね。

地図上では阿賀の里から
結構離れているようにも見えますが
だいたい徒歩で10分くらいです。

行き方といっても若松街道を
ひたすら西にまっすぐ行けば
人だかりがあるので
そちらを目指すといいでしょう。

ただの一本道なので
そうそう迷うこともないと思います。

駐車場さえ利用できれば
ゆっくりもできると思うので
場所取りに必死になるよりは
時間までゆっくりするほうが
おすすめだったりもしますね。

時間の過ごし方は人それぞれですが
お腹を満たしたり買い物したりも
良いとは思いますが、
できれば花火が始まる前に
トイレに寄ってから行くと良いでしょうね。

たった40分間の花火なので
その間に行くトイレほど
もったいないものはないですもんね。

関連記事
→長岡花火当日に絶対駐車できる穴場駐車場について

→咲花温泉の超格安ホテル&旅館一覧はこちらから(楽天)

咲花温泉水中花火大会の駐車場と見える場所や行き方についてのまとめ

咲花温泉の水中花火大会の
観覧者はほとんどが地元客ですが
週末に行われるし珍しい花火のため
県外の方にもファンは多いです。

そのため温泉旅館の予約も
それなりに混雑しますが
それだけの価値と見ごたえのある花火です。

川面で咲く神秘的な花火の光景は
インパクトも迫力もあるので
夏前の思い出としても
なかなか忘れられないものとなるでしょう。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,