青空暮らし

*

9月にブーツはまだ早い?秋に履くならいつから?変に見えないコーデ術

   

9月にブーツはまだ早いのか

秋に履くならいつからが

一般的で自然に見えるのか

いろいろ紹介してみました。

例えば日中30度を超えた場合は

いくら9月でも見た目的に浮くとか

暑苦しいと感じてしまうのは

予想できるのではないでしょうか?

しかしそんな日でも夜など

気温がグンと下がり寒ければ

かなり迷うこともあると思います。

そのような真夏日でも

最後までお読みいただければ

変に見えないコーデ術として

暑苦しさを回避する方法なども

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

9月にブーツはまだ早い?

9月にブーツを履くと言っても
あくまでもショートブーツであって
ロングブーツだと冬感が強いので
早すぎというよりも季節感を
無視したファッションのため
そちらは問題外でしょう。

そのため自然に見せるには
とりあえずショートブーツが
無難かと思います。

まあ、いくらショートブーツでも
9月ならいつでも良いのかといえば
そういうわけでもありません。

例えば違和感ないかどうかは
その地域にもよりますし
場合によっては
9月でも思いっきり浮いたりもします。

つまり9月にブーツを履くとか
考えられない地域の方は
この記事タイトルについても
違和感しかない方が
たくさんいるということですね。

では一般的にはいつくらいから
ブーツを履くのが自然なのか
もう少し説明していきたいと思います。

秋にブーツを履くならいつからが一般的で自然なの?

9月は暦の上では秋ですが
近年の気温で言えば
まだまだ暑かったりもしますし
人によってはまだ夏と
感じる方もいるでしょう。

そのため夏っぽい服装や
涼しそうなサンダルを履く女性も
9月初旬あたりでは
まだまだ多いかと思います。

とは言っても早いかどうかは
快適であるかないかが
一番の判断基準だったりします。

オシャレ感を出すと言っても
秋を先取った服装を
30度超えるような日に履くのは
やはり客観的に見ても
暑苦しく違和感もあります。

そのため薄着では寒いかな?と
感じるくらいが目安となりやすいと思います。

しかし今紹介したように
30度超えるような日でも
夜にグンと冷えこむことがあります。


スポンサードリンク

このような気温差がある場合は
そのお出かけする時間帯で
快適に感じる服装も変わりますね。

そのため日中はおかしく見えても
夜ならば最適にも見えます。

9月といえば衣替えに先駆けて
サンダルから靴に履き替える時期でもあります。

長袖を着るタイミングで
サンダルから履き替えるという方も
とても多かったりもしますね。

変に見えず浮かない時期で言えば
そのような体感気温で
考えることになりますが
先ほどのように
昼と夜の気温差が激しい場合は
コーディネートも難しかったりしますね。

次は少し暑い場合でも
おかしく見えないコーデについて
もう少し紹介してみたいと思います。

9月のブーツでも変に見えないコーデ術で暑苦しさを回避する方法

ブーツといえばコーデも
いろいろと考えがちです。

ですが基本的にブーツに合わせて
服装を考える場合は
失敗するケースの方が多いです。

例えば先ほどの説明だけでは
ブーツ=長袖のイメージを
持ってしまった方も多いと思います。

ですがブーツは普通に夏服との
相性も良かったりするんですよね。

そのため9月中旬の東京都内でも
ミニスカやショートパンツなどに
ショートブーツという組み合わせは
そこまで珍しくありません。

さすがにタイツまで履くと
もっさり感が出るので
あえてロングの羽織ものなどを
持ち歩いておけば
気温の下がった夜に着ても
快適で違和感もあまりなかったりします。

簡単に考えればあくまでも
その時間帯に快適な服装を心がけて
ショートブーツを履くだけなので
特に難しいことではありません。

見た感じが重くなれば
途端に浮きやすくなるので
9月のコーデとしては
日中の気温が低くなるまで
秋のイメージを抑えるというのも
ある意味コツかもしれませんね。

9月にブーツはまだ早い?秋に履くならいつから?変に見えないコーデ術のまとめ

9月にブーツを履く場合は
その日の気温によっても
早いか遅いかは変わります。

だからと言ってブーツに合わせ
秋っぽいコーディネートを
意識するというのは
9月の服装としては
浮いちゃう危険性もあります。

そのため夏感を残しつつ
足元だけ季節を先取り
あくまでもその日その時間帯の
快適な着心地と見た目を
重視するというのが
一番自然で時にはオシャレにも
見せやすいのではないかと思います。

スポンサードリンク

 - 生活の話 ,