青空暮らし

*

ディズニーにサンダルで行くと実際足痛い?ヒールでも疲れない方法は

   

ディズニーランドやシーなどへ

サンダルで行くというのは

ありかなしか紹介してみました。

ほとんどのサイトでは

パーク内は広いからサンダルはNG

スニーカーが一番良いみたいに

紹介されていたりもします。

しかしヒールのあるサンダルで

足が痛いとか疲れるというのは

平べったいスニーカーに比べて

本当に多いんでしょうか?

今回は実際にサンダル履いても

そんなに足が痛くないとか

疲れないとかいう人もいるのではと

感じたのでいろいろ調べてみました。

どうせならオシャレなサンダルで

ディズニーを楽しみたいですよね。

そのため最後までお読みいただくと

ヒール特有の痛み予防や疲れ対策も

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

ディズニーにサンダルで行くのはあり?

ディズニーランドでもシーでも
パーク内は相当広いですし
たとえスニーカーでも
移動距離もけっこう長いので
疲れやすいし足が痛いと
感じることもあるでしょう。

そのため多くの意見を取り入れると
スニーカーよりも歩きにくそうな
サンダルというのは
やっぱり無謀かなあって感じちゃいますよね?

でも、それは人によります。

どうしても履きたいとか
サンダルが好きというのであれば
履けばテンションも上がりますし
この場合はどっちかというと
履かない方が損に感じたりもします。

もちろんヒールが高ければ
足をひねる危険性がありますし
履き慣れていなければ
マメができちゃうこともあります。

ですがそれはスニーカーでも
よくあることです。

サンダルならばその可能性が
上がっちゃいますが
どっちみち危険性があるならば
自分が楽しめる方を
選んだ方が得という考え方もできます。

ですが、足が痛くなればやっぱり
テンションも落ちちゃいますよね。

パーク内でサンダル履くことで
本当に足が痛いとか疲れるとか
そう感じる人は多いのでしょうか?

次は実際にサンダルを履けば
どんな感じなのか
ちょっと紹介したいと思います。

ディズニーでサンダル履いて足が痛いとかいう人はやっぱ多いの?

ディズニーランドやシーで
サンダルを履いても
足が痛くないとか
そんなに疲れないという方は
実際に多くいます。

乗り物にも乗りまくって
歩きすぎた時には
やはり疲れたと言ってましたが
それはサンダルのせいでなく
普通に疲労でしょう。

普段からいろんな履物で
あちこち歩き回るような
健康的なオシャレさんの場合は
このように特に問題ないようです。

それからサンダル好きの方の場合は
履いてるだけでテンションが上がり
アドレナリンもドバドバ出て
その興奮のせいで
疲労感も痛みも感じないというのは
よくある話だったりもします。


スポンサードリンク

結局、ディズニーに求められるのは
非日常を楽しむことなので
好きな靴や服装、
素敵なコーデも含めて
まるごと素敵な思い出になるのかもしれませんね。

それでも足を捻れば痛いですし
その度合いによっては
いくら興奮状態でも
我慢できないときだってあります。

そのため本当に楽しみたいなら
このような動画などで
捻挫しにくい足首を作るのも
対策としては有効ですね。

このように怪我のトラブルを
防ぐことができるのであれば
たとえヒールを履いたって
疲れにくい方法というのも
あるんじゃないかって思いますよね。

次は足裏の痛みにもつながる
疲れない方法について
もう少し紹介したいと思います。

ディズニー内でヒールでも疲れない方法について

あまりにもヒールが高くて
数歩程度歩いただけで
しんどいという
極端な履物は除きますが
ほんの5cm程度であれば
平べったいスニーカーよりも
疲れにくいということもあります。

物にもよりますが
スニーカーに慣れてなくて
ヒールの方が履き慣れてるなら
無理にスニーカーを履く方が
ダメージが大きいかもしれません。

また、歩いて疲れない方法として
疲れないヒールを選ぶというのは
たぶんあなたが求めるものとは
違うと思います。

ヒールのあるサンダルなら
何でも良いわけではなく
やはりかわいいものや
オシャレな履物で
疲れない方法を考えるのが
しっくりくるのではないでしょうか。

それならお気に入りの履物が
ヒールが高いのならば
移動する時だけ履かないのも
一つの手かもしれません。

裸足で歩けというわけではなく
もう一つ歩きやすい靴を準備して
それを履くということですね。

例えばアトラクションの
順番待ちの間のように
あまり動かない時だけ
ヒールを履くとかそんな感じです。

正直、履き替えたりとか
持って歩くというのは
面倒でわずらわしいですが
手っ取り早い方法かと思います。

それからこまめに休むというのも
かなり効果的ですが
座れるところなどを事前に把握し
計画的に動かないと
ちょっと辛いかもしれません。

ちょっとのんびりできそうな
所要時間が長めのアトラクションで
座っているだけのものを
ちょこちょこ挟むように計画すれば
休憩しながら楽しめるので
ある意味効率的かなって思います。

ヒールならではという方法なら
ウェッジソールのものなどが
良いとよく言われますが
これって合わない人は
とことん合わないんですよね。

もしもお好みのものがあって
まだ履いたことがないならば
試してみるのもありですが、
履き心地など確認せずに
ぶっつけ本番で行くのは
リスクが高いので気をつけましょう。

しかしどうしてもという場合には
インソールを使うのも
アリだったりもします。

個人的にはこちらが激安な割に
使用者の満足度も高いので
かなりおすすめですが
念のためレビューも参考に
判断してみるのも良いかもしれませんね。


【ゆうメール送料無料】透明ジェル状インソール衝撃吸収 サイズ調整 パンプス ミュール サンダル 中敷き 【smtb-KD】

ディズニー サンダルで行くと実際足痛い?ヒールでも疲れない方法についてのまとめ

ディズニーランド・シーに
サンダルで行くのが
あまり良くないとか言われますが
履き慣れているのであれば
スニーカーよりも痛みや疲れが
感じにくい可能性が高いです。

とは言ってもヒールがあれば
体のバランスも取りにくいので
足首を捻っちゃう確率も
低くはないのですが
それなりに予防すれば
対策も取れやすいですね。

足裏の痛みや疲れというのは
サンダルに限らないため
疲れない方法で有効なのは
やはりこまめな休憩と
無理のない計画が一番かと思います。

関連記事も参考にしながら
みっちり計画を立てて
効率的に楽しみましょう。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,