青空暮らし

*

ウェッジソールサンダルは歩きやすい?痛くない 疲れないって本当?

   

ウェッジソールサンダルは

ヒールのあるミュールなどに比べ

履きやすいと評判ですが

実際のところ本当に誰が履いても

歩きやすいと言えるのか

初めて購入を検討する時や

今現在履いていて違和感ある方も

そんな疑問を持つ方は

少なくないと思います。

長時間履いても痛くないとか

疲れないとも聞きますが、

今回はウェッジソールが合う人と

合わない人の判断基準や

万が一痛い時や疲れる場合の

対策法なども紹介してみました。

最後までお読みいただければ

今履いているウェッジソールが

足に合わない気がすると

なんとなく感じている方も

もしかするとあっという間に

一瞬で解決するかもしれません。

スポンサードリンク

ウェッジソールサンダルは歩きやすいの?

ウェッジソールのサンダルを
履きやすいという声は
けっこう聞きますが
みんながみんな歩きやすいと
感じているかといえば
それはまた違う話になってきます。

つまり人によっては
そのようなサンダルが
合わないこともあるってことですね。

これはヒールのある靴に
慣れているかどうかで
けっこう違ってくる感じがします。

履き心地に不満のある方の多くは
ヒールの高い履物じゃないと
しっくりこない人だったりするんですよね。

そのためスニーカーのように
底が平べったい靴のほうが
ヒールよりも履きやすい場合
ウェッジソールが絶賛されたりもします。

ではそのようなサンダルが
自分に向いている場合
長時間履いても痛みとかは
実際にないのかどうか
次でそちらについて紹介していきますね。

ウェッジソールサンダルは履いても痛くないの?

サンダルの痛みというのは
足裏の他にもつまさきなど
部分的な痛さに悩むことも多いと思います。

ウェッジソールの効果が
特に感じやすいのは
やはり足裏ではないでしょうか。

もしも鼻緒があるトングタイプは
履き慣れなきゃやはり痛いですし
底が厚い分ウェッジソールは
重さの心配もありますし
指の間にかかる負担も
大きくなりやすいかもしれませんね。

それから足裏の痛みに
注目してみた場合も
ウェッジソールのサンダルでも
長時間履いていればあります。


スポンサードリンク

そのため絶賛されている方の
意見をまとめて解釈すれば
ヒールの高い靴に比べて
痛くなりにくいというほうが
わかりやすいかもしれませんね。

それでもヒールもダメ
ウェッジソールもダメという方は
一定数いることはいますが
後述する方法で対策も取れるので
あまり悲観する必要は
ないかなって思います。

この痛み防止については
次で紹介する足の疲れにも
関連してくるので
参考になるかもしれません。

ウェッジソールサンダルを履くと疲れないって本当?

ウェッジソールのサンダルで
特に気に入られる点で言えば
総じて安定性の高さが挙げられます。

ヒールのある靴に比べて
グラつきが少ないというのは
かなり魅力的ですね。

かかとの部分が細くもないので
どこかにはまるとか
そんなアクシデントも皆無ですし
余計な心配もいらないという
メリットもあります。

それはやはり履いた時の
ストレスの軽減にもつながり
疲れにも影響するのではないかと思います。

確かに歩き過ぎれば疲れるし
痛みも伴うかもしれませんが
快適にしたいのであれば
インソールがおすすめですね。

激安でも衝撃がしっかりと抑えられ
インソールをつけた瞬間から
痛みもなく疲れなくなったとか
そんな評判の良いものは
やはり一番期待できると思います。

まあ、そんな都合良い商品なんて
けっこう少なかったりしますが
ちゃんと探せばあるもので・・・

個人的におすすめの商品を
紹介したいところですが
たぶん私があーだこーだ言うより
ご自分でレビューを見たほうが
正直な感想とか判断材料として
参考になるかと思います。



【ゆうメール送料無料】透明ジェル状インソール衝撃吸収 サイズ調整 パンプス ミュール サンダル 中敷き 【smtb-KD】

関連記事
ディズニーランドやシーにサンダルで行くってあり?なし?

秋のサンダルはいつまで履ける?違和感のない履き方について

雨の日にサンダル履くってどうなの?ちょっと気になる話

ウェッジソールサンダルは歩きやすい?痛くない 疲れないって本当?のまとめ

ウェッジソールのサンダルは
誰にでも合うわけでもなく
ヒールのある靴やサンダルで
慣れちゃっている方には
むしろ歩きにくいと思うことが
多いみたいですね。

逆にヒールが合わない人には
抜群に好まれやすく
その大きな原因が痛みや疲れを
感じにくいという面だったりします。

それでも長時間履いていれば
ウェッジソールに関係なく
痛みや疲れはあります。

例えばディズニーランドみたいに
歩き回ることが前提であれば
インソールを貼るというのが
一番手っ取り早い対策として
コスパ的にもおすすめですね。

たぶんそんな商品を探すのも
面倒かと思いますが
レビューを参考に判断すると
余計な出費も少なく済むと思います。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,