青空暮らし

*

ストッキングの上に靴下 マナーと変に見えないコーデについて

   

ストッキングの上に靴下を履くと

会社で仕事する場合は

職場でマナー違反になるのか

変に見えたりしないのか

いろいろ紹介してみました。

また、コーディネートについても

説明してみましたが

最後までお読みいただければ

ストッキングに靴下という

組み合わせでも変に見えたりしない

逆に違和感なくオシャレに見える

そんな重ね履きに有効な方法も

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

ストッキングの上に靴下を履く場合

ストッキングの上から靴下を
履くという考えは
単純に寒いからという理由で
けっこう多く聞いたりしますね。

それからストッキングだけよりも
靴下の重ね履きをすることで
蒸れにくいから臭い対策にも
けっこう効果的だとか
そういうことも言われています。

個人的にはそういうメリットが
上から靴下を履くだけで
しっかり感じられるのなら
悩みも解消するし
逆にやらないほうが損な気もしますね。

私の話をすれば
そんなことで足の臭いが
軽減したことはありませんでしたが
それでも無臭に近くなった方法を
見つけたりもしたので
そちらの話はまた別の機会で
紹介していきたいと思います。

まあ、あまり見た目とか
気にしないような生活の中では
そのような何らかの対策で
ちょっと変わった着用をしても
特に問題ないでしょう。

ですが社会人であれば
その服装というのもやはり
マナーや一般常識などは
無視できなかったりもします。

このストッキングに靴下も
マナー違反であるのか
やはり気にするべきなのか
もう少しお話ししていきたいと思います。

ストッキングに靴下はマナー違反?

女性のストッキングというのは
基本的に社会人の身だしなみで
会社の規定になっていたり
多くの場合必須となっていたりもします。

しかしその上から靴下というのは
ストッキングを履いた時点で
ルール上はクリアしていますが
その職種や組織の理解度によって
それぞれ違いはあるとはいえ
まだまだ認めにくい状況かと思います。

そのため人によっては
絶対NGということもあるし
その会社のトップや上役などが
そういう考えであれば
多くの場合は無しになりますね。

ある意味このスタイルで
仕事するというのは
上司目線で言えば
注意しやすい状況でもあり、
自分より立場が上の人の前では
リーダーシップをアピールする
絶好の機会になったりもします。

それでも女性だらけの職場とか
若い人だらけの職場、
自分がアイドル的存在であるなら
問題ないかもしれませんし
先程言った組織の理解というのは
こういう状況みたいな感じですね。


スポンサードリンク

それでも同じ部署の同僚が
ストッキングに靴下を履いて
仕事しているならば
その職場では大丈夫な可能性も
高いかもしれません。

ただ、大奥のような職場では
許される人と許されない人という
ちょっとした理不尽も多いので
セーフかどうかは微妙ですね。

それでも大半の理不尽は
好き嫌いが多いので
自分の過ごしやすい環境を
重視したいのであれば
目立ちそうなことはしないのが
一番でしょうね。

それでも理由があって
ストッキングに靴下を履く場合
仕事中ではなくても
通勤中であればマナー的には
ほとんど問題はないでしょう。

見た目的にありかどうかは
二の次でお話ししてきたので
次はそのコーディネートについて
もう少し紹介していきますね。

ストッキングに靴下でも変に見えないコーディネート

ストッキングに靴下の組み合わせは
人によってはおばさんくさいとか
女性らしさを感じないとか
そのように思われることもあります。

それでも変に見えない方法として
手っ取り早く解決するなら
靴下が見えない靴を履くとか
そういう靴がない場合は
生足に近い色のストッキングを
あえて履くというのが有効でしょうね。

前者の場合は靴下を隠し
後者の場合はストッキングを
意識させないという考え方です。

職場で履く靴と通勤用の靴を
それぞれ別にしている方も
けっこう多かったりもしますが
この場合はコーディネートも
かなり楽だったりしますね。

それでも営業職とかであれば
1日中パンプスとかもあるし
ちょっと難しいですが
どうしてもという場合には
パンプス用の靴下を履くことも
検討したほうが良いかもしれません。

個人的にはこれもちょっと
中途半端に見えたりして
あまり好きではないですが
服装がビジネススタイルなので
それ以外は難しいですね。

パンプスに合う靴下の選び方でも
紹介しているように
靴下というのはカジュアルな服装と
やはり相性が良いので
ストッキングとの組み合わせ自体が
最初から違和感が出やすいんですよね。

そのため靴下を前面に出すなら
カジュアルを意識させると
見た目的には自然になります。

その際のストッキングも
ほとんどはビジネス感が強いので
素足に近い色で靴下の
邪魔にならない色というのは
実際通勤用としても便利ですね。

ストッキングの上に靴下のマナーと変に見えないコーデについてのまとめ

ストッキングの上に靴下は
会社で履く場合には
まだまだ一般常識としては
マナー違反となることが多く
ある意味悪目立ちにも
なりかねなかったりもします。

ですが通勤の場合は
その服装は自由度も上がるので
どうしても靴下を履くなら
その時に履くというのが
やはり無難かと思います。

その場合のコーデとしては
靴下が見えない靴を履くとか
素足に近いストッキングを履くなど
靴下かストッキングどちらかの
意識を外すというのが
違和感のない簡単な方法です。

やはり面倒な場合は
ブーツなどのようなものを履き
職場では仕事用の靴に
履き替えるなどして
靴下は通勤時だけに履くとかが
一番便利で楽かもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 仕事の話 ,