青空暮らし

*

西日本大濠花火大会2016年のスポットや穴場と開催時間

   

福岡の大濠公園で毎年行われる
大濠花火大会ですが何気に
45万人の観衆を集めるほど人気です。

今回はそんな福岡の花火大会の
スポットや穴場情報や開催時間など
ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

西日本大濠花火大会2016年のスポット

福岡の大濠公園で打ち上がる
花火大会は毎年8月1日に開催されます。

雨天など荒天の場合には
翌日に順延されますが
よほどの大雨じゃない限りは
中止になりません。

また大濠公園の中央の島より
打ち上がるため360度から
見られるためその花火が
見えるスポットも
他よりも多いと評判です。

特に平和台陸上競技場では
2,500円で2人用の
格安有料席もあるので
落ち着いて見れて評判も良いです。

ちなみに平和台陸上競技場の
入場券は大人1,200円(小人600円)
ファミリーマートで7月1日から発売されます。

また大濠公園から見える花火は
打ち上がった花火が水面にも
映りその模様に毎年ファンが増えています。

大濠花火大会の穴場情報

今年の大濠公園の花火大会は
平日なので例年よりは
混み合わないようにも感じます。

それでもやはり人が少なめの
ところで落ち着いて見たいのは
誰もが考えます。

例えば護国神社ならば
夕方6時辺りから人が増えてきますが
開催時間になると
そこそこ騒がしくなります。

そちらに比べれば、
西公園や舞鶴公園のお堀の辺りが
まだ静かに観覧できると思います。

西公園ならば光雲神社の
参道あたりからが
良いかもしれません。

ヤフオクドームからの花火も
穴場になりますがそちらだと
ちょっと遠いため花火が小さいですね。

他には鮮魚市場の
市場会館13階の展望プラザからの
花火も入場無料で見えます。

それから博多埠頭の博多ポートタワーも
ですが夜10時まで開いているため
穴場スポットになっています。

西区にある愛宕神社本殿裏の展望台や
南公園の西展望台、鴻巣山の展望台、
箱崎埠頭なんかもおすすめです。

南公園ならばだいたいは
西展望台に行くと思いますが
どちらかというと
植物園内展望台のほうが穴場中の
穴場になるかもしれませんね。

スポンサードリンク

他にも飯盛山中腹の大鳥居から
紫陽花ロードを上がったところも
穴場になります。

女の子とのデートならば
油山展望台からの夜景なんかも
一緒に見れるので最高ですね。

さらに片江展望台も
福岡市街の夜景と花火が
同時に楽しめます。

福岡タワーは少し
人が多いので穴場とまでは
言いませんがけっこう
見えやすいスポットになっています。

大濠花火大会の開催時間について

西日本大濠花火大会の日程は

2016年8月1日(月)

開催時間は

夜8時から9時30分までです。

この1時間半の間に6,000発の
花火が打ち上がります。

大濠公園の道路沿いには
400店舗の露店が出店しますが
夜10時30分までの営業時間と
なっています。

値段的には少し高め設定ですが
常連客はコンビニから
購入して観覧席で食べたりしています。

トイレはそこそこ混みますが
使えないというほどではないです。

念のためティッシュの持参は
必要と思って良いかと思います。

大濠公園の当日の混み具合は
かなりのものなので
思ったよりも体感気温は高めです。

そのため夜中でも熱中症対策は
万全にしたほうが良いです。

コンビニなどに寄り
できるだけ早めにジュースなどを
買っておいたほうが良いかもしれません。

それから地べたに座るよりは
シートがあったほうが
絶対に良いです。

毎年ですがスリや痴漢が
多発しますのでできるだけ
恋人同士は寄り添って注意しましょう。

また花火大会が終わった後の公園は
少し治安的に危険性が高いので
できるだけ早めに帰宅しましょう。

どっちかといえば穴場のほうが
安全かもしれません。

臨機応変に対処して
いただきたいと思います。

西日本大濠花火大会2016年のスポットのまとめ

大濠花火大会は他の花火に比べ
6,000発とか数は1万にも満たなく
どっちかといえば少ないとも言えます。

それでも45万人も集まる魅力は
やはりどこでも観れるという
ところではないでしょうか。

そのため今回は
10カ所以上の穴場の紹介もできました。

ここまでポンポンと穴場が紹介できる
そんな花火大会はそうそうありません。

今回も参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,