青空暮らし

*

ストッキングの伝線 教える?そのまま放置?女性への正しい対処法は

   

会社勤めをしていれば職場の

女性社員のストッキングの伝線が

目につくこともありますが

教えるとセクハラになりそうだし

そのまま放っておくほうが無難かと

いろいろ考えてしまいます。

放置しても良いのであれば

気づかないふりも有効でしょうが

直属の上司に注意するようにと

理不尽な命令をされたりすれば

知らないふりするというのも

限界を感じちゃいますし

時として本人に伝える必要も

あったりするんですよね。

最後までお読みいただければ

自分の立場を守りながら

女性に不快に思われない伝え方など

いろいろ紹介してみたので

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

ストッキングの伝線 教える?教えない?

職場などでストッキングの伝線を
偶然気づいてしまった時など
教えた方が良い時というのは
教えてもらって助かるとか
教えてあげないことで
その女性が不利益を被る時くらいです。

それでも時と場合、人間関係、
会社の環境でも違ってきますが
男性からの指摘というのは
ほとんどの場合不快とされます。

時と場合というのは
たとえば面接前・面接時や
大切な取引先との商談前など
その指摘が必要な場合とかですね。

人間関係というのは
その人との関係性であって
何でも言い合える仲とか
主に本当の親友のような仲などですね。

お互い異性を意識していないとか
そういう特殊な関係性なので
ちょっと難しいかもしれません。

会社の環境というのは
身だしなみに厳しいような
昔ながらの社風なら
男女関係なく指摘されたりとか
それが当たり前な場合もありますね。

ではこれ以外ならば
やっぱり気づかないふりして
放置した方が良いのか
もう少しお話ししていきますね。

ストッキングの伝線 気づいてもそのまま放置が良い?

多くの場合ストッキングの伝線は
誰かに教えてもらうより前に
女性は自分でも気づいていたりもします。

知っていることを指摘されるほど
無意味なことはありません。

自分で気づいているなら
どうして履き替えないんだという
疑問も浮かんできますが
そんな時間も替えもないのなら
その指摘をしたとしても
本人はその対処も出来ません。

まあ、直属の上司であれば
今すぐ買って履き替えることを
命令できるかもしれませんね。


スポンサードリンク

逆に何の権限もない同僚の男性が
その女性のためにできることは
新しいストッキングを
今から走って買いに行くとか
伝線したストッキングを
直してあげることとかでしょうが
実際そんなことしても
めっちゃ気持ち悪いだけなので
非現実的でしょう。

そのため伝線くらいであれば
気づかないふりして放置するのが
ある意味正しいのかもしれませんね。

ですが本当に気づいていない場合で
伝線を伝えなければ
自分もその女性も
お互いに困るということもあります。

それでも直接言いにくい時は
どうすればいいのか次では
その対処法などお話ししていきますね。

女性へ伝線を伝えなきゃならない場合の正しい対処法とは

女性が不快に思うのは
男性からの指摘だからというのが
ほぼ理由だったりします。

そのため同性からの注意などは
けっこう素直に聞いてくれるものです。

どうしても伝えたいのに
直接言うことで女性が不快に
思ってしまいそうなものは
同性の女性に教えてあげるように
お願いするのが手っ取り早いです。

そのためには職場の人間関係を
日頃から円滑にしていないと
ちょっと変に伝えられたり
人選を誤ってしまえば
面倒なことにもなりかねないので
けっこう注意は必要ですね。

ただ、発言力のあるキャラとかなら
自分は男性の立場であり
直接言いにくいということを
先に述べておいてから
それを言い訳に使って
予備のストッキングを
必ず準備しておくように
全女性社員にお願いすると
予防には有効だったりもします。

発言力のある女性と親しいなら
朝礼や終礼などで
その人にお願いするというのも
スムーズかもしれません。

どちらにせよ職場での
自分の立ち位置が微妙であれば
放置するのが一番でしょう。

しかし上司から注意するように
命令されたりとかした場合なら
上司からの命令であることを
しっかり伝えた上で注意するとか
それを理由にして女性の同僚に
注意してもらうとか
自分の立場を一番に考えるほうが
安全で楽かもしれません。

ストッキングの伝線 教える?そのまま放置?女性への正しい対処法とはのまとめ

ストッキングの伝線というのは
男性から女性に教える場合
職場であれば時と場合、
人間関係、職場環境を冷静に
考える必要があります。

自分で伝線に気づいていることも
けっこう多かったりもするので
改めて教えられるというのは
ただタイミングが悪いだけとか
余計なお世話と思われることもあります。

それでも放置することで
その女性も男性である自分も
お互いに不利益を被る恐れがあれば
そのまま気づかないふりというのも
できない場合もあります。

ですが自分が直接注意するという
そういう選択肢は最終手段とし
他の女性社員に注意してもらうなど
誰かにお願いするとか
自分の立場を守ることを最優先に
慎重に行動するのが無難ですね。

私の場合はそういうお願いの後は
また何かあったときのために
協力してくれた女性社員に
安くておいしいスイーツを買って
フォローすることも多いです。

スポンサードリンク

 - 仕事の話