青空暮らし

*

タイツの毛玉の取り方 毛玉取り器はあり?穴空いたり破れなどの対策

   

タイツに毛玉ができた時の

取り方について紹介しました。

単純にハサミで切り取るのも

毛玉の数が多ければ面倒ですし

毛玉取り器などを使っても

セーターよりも薄いタイツは

簡単に穴が空いたり破れたりなど

けっこう不安だったりもします。

最後までお読みいただければ

タイツが破けない方法や再利用で

一番安全な方法なども

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

タイツの毛玉の取り方について

タイツの毛玉の取り方で
最も有効な方法は
個人的にはカミソリで丁寧に
切り取るのが有効かなって思います。

この場合使うのはT字カミソリで
毛玉を剃るように使うと
けっこう簡単に取れます。

落ち着いて集中しないと
タイツに穴が空いたりとか
破けたりというのもあり
簡単といっても慎重さは大事で
注意は必要だったりします。

一つ一つの毛玉を取るので
かなり面倒臭いとはいえますが
タイツの生地というのは
その扱いにも慎重さは必要です。

他にも食器洗い用スポンジの
ザラザラな部分で軽くこするとか
そういう話もありますが
これもかなり有効な方法で
カミソリよりも穴が開きにくいと
言われたりもしますね。

ですが最初は軽めでもそのうち
けっこう力が入りがちなので
頑固な部分というのは残して
ハサミやカミソリで
切り取ったほうが早いこともあります。

しかし毛玉取り器ならば
100均でも普通に売っていますし
そういうのも有効に感じる反面
やはり穴や破けについて
慎重に考えた場合は
本当に使っていいのかと
いろいろ考えちゃうかもしれませんね。

次はそちらについてもう少し
お話ししていきたいと思います。

タイツに毛玉取り器はあり?

毛玉取り器で毛玉を取る場合は
本当に楽に取れます。

しかしタイツに限らずですが
100均のものでも高いものでも
上手に慎重に使わないと
すぐに穴が空いてしまうので
こちらも注意が必要です。

面白いほどよく取れるため
慎重にといくら紹介しても
けっこうこの注意というのは
忘れやすいというのが難点です。

それから毛玉がよく取れると
取った毛玉もすぐに溜まります。

これは小まめに取らないと
パワーが落ちたりもするので
毛玉が切れずに引っかかり
穴が空いたりしやすいですね。


スポンサードリンク

パワーの落ちにくいものを考えると
電池式よりもコード式のほうが
かなり良いと言われたりもします。

そのため毛玉取り器を使う場合も
慎重さは必要ですが、
さらにメンテナンスとして
取った毛玉の小まめな除去の他
毛玉取り器のパワーの強さも
穴開きや破れ防止を考えると
かなり重要だったりもしますね。

個人的には毛玉が捨てやすいのも
大きなメリットと考えるので
このような毛玉取り器は
値段も安い方ですし
けっこう使いやすいですね。

毛玉クリーナー 毛玉取り 電動毛玉取り器 コンセント式 毛玉取り器 ハンディクリーナー

このように毛玉取りと破れは
表裏一体とも言えるので
どんな取り方をしようとも
そのリスクというのは
考えたほうが良いかもしれません。

次はもう少しその辺についても
説明していきたいと思います。

タイツ 穴空いたり破れなどの防止対策や再利用

毛玉取りについてはカミソリも
毛玉取り器を使ったとしても
破れを防ぐためには慎重さとかは
抽象的な表現なので
わかりにくいというのもあり
慎重にしたつもりでも破れて
穴が開く可能性は否定できません。

その辺をわかっている方であれば
毛玉が出来た場合でも
そのまま諦めるという方も多いです。

破れるよりはマシということですね。

多くの場合はタイツは防寒で
スカートとかに履きますが
毛玉だらけではみっともないので
そのようなものには使用せずに
ジーンズなどの下に履くとか
そのような使い方もします。

毛玉は摩擦でできやすいので
結局はそのような環境であれば
いくら毛玉を処理しようとも
すぐにまたできてしまいます。

そのためジーンズの下にタイツを
履くということも同じで
どっちみち毛玉はできますし
履いてるだけでも暖かく
ジーンズに隠れて見えないため
その使い方としては
かなり有効だったりもします。

スカートの下に履きたい場合は
毛玉のできにくいタイツとか
それなりに良いタイツを履いて
そちらに毛玉ができたら
ズボン用に再利用するとかも
賢い使い方かもしれません。

タイツの毛玉の取り方 毛玉取り器はあり?穴空いたり破れなどの対策のまとめ

タイツの毛玉の取り方といえば
カミソリを使って剃り取る、
食器用スポンジで擦り取る、
電動の毛玉取り器で取るなど
その方法はいろいろあります。

ですが基本的には慎重さが大事で
雑にしてしまうと穴が空いたり
破れたりというのも多いので
頑張った挙句に使えないなど
無駄になるリスクもあります。

そのため何もしないというのも
けっこう有効な対策にもなり
人目につきにくいズボンの下とか
そういう使い方であれば
防寒もできるしスカートの下に
履けなくなったものなどを
再利用することを考えるのも
あまり悪くないのかもしれません。

スポンサードリンク

 - 生活の話 ,