青空暮らし

*

お葬式にタイツはダメ?冬の服装マナーや黒タイツを履ける方法など

   

お葬式に黒ストッキングではなく

黒タイツでは本当にダメなのか

冬ならマナー違反にならずに

タイツを履けるのかなど

その服装について紹介してみました。

たとえば実際の葬儀で黒タイツが

自分だけであれば変に見えたり

浮くとかしそうな気もしますが

他にもタイツを履く人がいないのか

けっこう気になったりもしますよね。

最後までお読みいただければ

当日の葬儀の服装の様子だけでなく

黒タイツを履いて行ける方法や

その履き方なども参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

お葬式にタイツはダメ?

冠婚葬祭の葬にあたるお葬式で
一般的によく言われている服装は
黒色のストッキングなので
他のサイトやマナー本では
同じ黒色でもタイツはダメとか
寒い場合は60デニールまでなら
履ける場合もあると言われたりもします。

ですが、実際はこのような全国的な
一般常識は度々通用しないこともあります。

全国的には当たり前でも
そのお住いの地域の風習などで
服装マナーが違うというのも
けっこうあるんですよね。

それから葬儀に関する自分の
立場などでもその自由度というか
服装マナーの緩さなども
ちょっと違ってきたりもします。

そのため自分の服装に不安があれば
同じ葬儀に参加する女性の誰かや
同じ地域の方々に相談するのも
一般常識のマナー本よりも
正解に近いのではないかと思います。

私も実際に経験したお話も踏まえて
タイツが履けるのかどうかなど
もう少しお話していきますね。

冬のお葬式ならタイツもあり?

黒タイツなどを履く場合は
多くが冬などのような寒い日で
こういうときに黒ストッキングは
なかなか我慢できなかったりもします。

しかし今ではそこそこの田舎でも
暖房の効いたセレモニーホールも
増えてきていたりもしますが
自宅からテレポーテーションが
できるわけではありません。

それに雪の降る北国だけではなく
潮風の強い海や浜の近くなど
それぞれ寒さに厳しい環境では
ストッキングがマナーといっても
葬儀会場までの道中などは
かなり厳しかったりもするものです。


スポンサードリンク

それから私が昔経験した地域では
ちょっと変わったお葬式で
屋外での儀式が多くあり
ストッキングを履いていると
外に出ない意思表示として
捉えられたりもしていました。

まあ、こういう変わった風習は
かなり珍しいかもしれませんが
単純に寒い地域なんかでは
寒いからと冬に黒タイツを履く方も
そこそこいたりもします。

しかし実際は当日の現場でしか
正解がわからなかったりもします。

ですが、どちらが良いかどうかや
どうしても黒タイツが履きたいなど
そういう場合には次で紹介する
有効な黒タイツの履き方も
参考になるかもしれません。

お葬式の服装マナーや冬の黒タイツを履ける方法について

先ほど紹介したように服装マナーは
全国的には正解でも
地域によっては不正解になったり
親族というだけで血縁関係が
けっこう薄い場合であっても
嫌なことを言われる可能性もあります。

多くの場合は黒ストッキングが
やはりマナー的に正解なので
黒タイツに比べれば
マナー違反にはなりにくいでしょう。

ですがマナー違反にならずに
黒タイツを履ける方法はあります。

個人的にもけっこう助かってますが
黒色のストッキングの上に
黒タイツを履くという重ね履きが
けっこう有効だったりしますね。

現地に着いたら周りを見渡して
誰も黒タイツを履いていなければ
ちょっとまずいかなとか
数秒あれば確認もできますし
トイレなどで脱ぐだけなので
履き替えるよりも時間もかかりません。

しかし重ね履きの着脱では
伝線の心配もあります。

そのため履く時も脱ぐ時も
それなりに慎重さは大切ですね。

個人的にはそういうことも考慮して
今後のためにも黒ストッキングは
伝線を予防したものを
忘れないうちに購入しておくと
いざという時にも助かると思います。

こういうものって実際履くと
初っ端から穴が開いちゃうとか
たまにあったりもするので、
まとめ買いで安くなるもので
送料無料のものとか
例えばこういうストッキングなども
おすすめだったりしますが
レビューとか参考にしてから選ぶと
後悔は少ないかもしれませんね。

【送料無料】6足組 超強い ひきしめ 伝線しにくい ストッキング

お葬式にタイツはダメ?冬の服装マナーや黒タイツを履ける方法などのまとめ

お葬式にタイツはダメと言っても
地域によっては許されたり
その風習などが違ったりすれば
逆にストッキングの方が
マナー違反になるということも
可能性としてあります。

真冬であれば寒いので黒タイツを
普通に履いちゃっている人も
そこまで珍しくもなかったりして
実際に変に見えたり浮くとか
そういうこともあまりないです。

ただ、マナーにうるさい方とかは
どこに出没するかわからないですし
黒タイツが自分だけというのも
なるべく避けたいので
そういう場合のためにも
黒ストッキングと黒タイツの
重ね履きとかで対処するというのも
ありかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,