青空暮らし

*

入学式の母親のタイツ 寒いならあり?でも春にタイツはおかしい?

   

入学式に母親はタイツを履けるのか

実際に履けば変に見えたり

浮くとかおかしいとなるのかなど

いろいろ紹介しました。

マナーとはいえストッキングなら

寒い日には耐えられなかったり

足に傷やアザなどがあれば

厚手のタイツで隠すのも可能ですが

ありかなしかでいえば

入学式は季節的に春なので

タイツはちょっと微妙ですよね。

最後までお読みいただければ

実際の入学式当日のタイツ率や

季節に即してマナー違反をせずに

素敵に足を隠す方法や対策も

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

入学式の母親のタイツについて

入学式のようなフォーマルな場所で
お母さんが履くのはタイツではなく
マナー的にはストッキングが無難です。

しかしタイツが履けないわけでなく
薄手のタイツを選ぶとかするならば
あまり違和感はないかと思います。

ですがストッキングではなく
タイツをわざわざ履く場合は
それなりに理由もあると思います。

例えば足に傷や火傷の跡があるとか
とにかく寒いのが耐えられないとか
その理由も様々でしょう。

こういう場合でもストッキングを
強制的に履かないといけないのか
タイツを履ける例外はないのかなど
私ならばもう少し粘ると思います。

そのためにも次はタイツの
マナー違反とならない履き方や
ちょっとした対策について
紹介していきたいと思います。

入学式は寒いならタイツもあり?

いくらマナーと言っても
やはり何かがあれば臨機応変に
妥協される場合もあります。

たとえば季節外れの猛吹雪とか
当日に急に冷え込んだ場合などは
ストッキングは寒すぎるので
そこまで厳しくはならないと思います。

しかしこういうことは稀なので
そこまで期待はできませんよね。

ですが履くとするならば
寒い日の方が自然かと思います。

ファッション的にスーツには
薄手のタイツのほうが
やはり綺麗に見えますが
厚手でもおかしいわけではありません。

ワンピースの場合も同様でしょう。

こういう可愛らしいファッションで
入学式に参加することも自由と
考えちゃう方もいますが
マナーにうるさい方がいれば
標的にもなりかねません。


スポンサードリンク

入学式からそういうトラブルなどは
普通はそうそうないと思いますが
絶対にないとは言えませんよね。

なのでどうしてもという場合は
パンツスーツや着物なんかが
無難じゃないかなと思います。

しかし実際の入学式では
タイツを履く人はいるのか
そんなに浮くほど目立つのかも
ちょっと気になりますよね。

実際にタイツを履いてる人が
一定数いれば自分も履きやすいし
心強かったりするものです。

それに服装の選択の幅が広がるので
助かることも多いかもしれません。

次は例年の入学式当日の様子や
実際に他のお母さん方は
どんな対策をしているのかなど
紹介していきたいと思います。

春のタイツはおかしい?実際履いてる人いる?

例年の入学式を見る限り
ほとんどのお母さん方は
やはりストッキングを履いています。

実際に春という季節というのも
関係しているのですが
やはりタイツは少ないです。

ですがタイツを履いていても
ベージュのものを履けば
ぱっと見でわからないので
目立たないどころか
印象にも残らないんですよね。

そういう履き方をする方は
稀にいらっしゃいますが
逆にタイツに頼らずに
上手に足を隠す方もいます。

その方法が着物の着用になります。

着物は着付けや髪のセットなど
準備も大変でしょうが
見た目的にも品格が上がりますし
実際に足を見せたくない方には
結構人気があります。

着物は敷居が高そうなので
ちょっと敬遠しがちですが
こういう信頼できる
格安レンタル着物のフルセットは
お金も安く済ませますし
コーディネートも必要ないので
結構楽かと思います。

着物は注目度は上がりますが
可愛らしいデザインで
完璧なコーディネートであれば
それだけで美人に見えますし
子供が自慢できる姿としても
ありかもしれません。

入学式の母親のタイツ 寒いならあり?でも春にタイツはおかしい?のまとめ

入学式の母親が履くものは
マナーとしてはタイツでなく
ストッキングが主流になります。

どうしてもタイツを履くならば
薄手のベージュなどが無難ですが
とてつもなく寒い日でない限り
春らしくない服装ですし
色が色なだけに実際に履く方は
かなり少ないですね。

ですが足元を隠したいとか
寒いからという場合には
レンタル着物のフルセットなら
コーディネートも問題ないし
見た目の品格も数ランク上がります。

下に何かを履いても見えないし
体型の補正もできるので
コンプレックスがある方に
着物がかなり人気もあるのも
納得できますよね。

スポンサードリンク

 - 春の行事 ,