青空暮らし

*

潮干狩りの時期 3月は寒いだけ?あさりの身が小さいって本当なの?

   

3月の潮干狩りは時期的に早いのか

ただ寒いだけなのかなど

いろいろ紹介してみました。

たとえばこの時期のアサリは

身が痩せていて小さいとか

たくさん取れないなどと

たまに言われたりもします。

最後までお読みいただければ

そこそこ寒い東北地方の場合など

私の経験も含めて紹介してみたので

そちらなんかは関東地方とかでも

比較対象になると思いますし

3月の持ち物の注意についても

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

潮干狩りの時期 3月はあり?

潮干狩りは時期的に春が最適で
3月といえば少し早いとか
たまに言われたりもします。

たしかに潮干狩りの最適な
タイミングというのは
潮干狩りのコツについてでも
紹介しているように
その地方にもよるかもしれません。

さらにアサリの解禁時期としても
該当しないケースもあるし
その辺で問題ないのであれば
楽しめる可能性も大いにあります。

それにネットで情報を集めた場合
潮干狩りを楽しむことはできても
結果に満足できるかどうかは
ちょっと微妙に思うかもしれませんね。

ですが人混みが嫌いだとか
しっぽりと潮干狩りをしたいなら
こういう早めの時期には
けっこうありな気もします。

しかし基本的にこの時期の海は
寒いじゃないですか。

寒いというのは潮干狩りには
けっこうデメリットも多いんですよね。

それを上回るメリットも
後ほど紹介していきますが
まずは寒い日の潮干狩りについて
注意などお話していきたいと思います。

3月の潮干狩りは寒いだけ?

3月の海が寒いという場合は
防寒具も用意しないと
かなり厳しかったりしますよね。

さすがにビーチサンダルで
砂を掘ってアサリを取るのは
けっこう厳しいので長靴も
必須になると思います。

単純に寒い日っていうのは
持ち物が余計に増えるんですよね。

自分だけ一人で楽しむなら
それも悪くないかもしれませんが
デートとか友達を誘った場合は
苦労を強いてしまう可能性もあります。

それでも早い時期の海というのは
それほど混雑もないですし
駐車場も近い場所を確保しやすいから
自動車を使った場合なんかは
荷物の持ち運びも楽かと思います。


スポンサードリンク

特に長靴なんて持ちにくいし
そこそこ重いですからね。

ただ、寒い中でする潮干狩りは
暖かい時期とはちがって
それなりの結果が出ないと
なかなか満足できないと思います。

取れなきゃ取れないで
何しに来たんだろう?って
めっちゃ寒いのに取れない場合は
帰るタイミングというのも
なかなか難しいんですよね。

ここまでネガティブなことばっかり
紹介しちゃっているので
不安を煽ってしまっていますが
時期的な取れ高みたいなものも
やはりちょっと気になると思います。

次は3月に取れるアサリについて
どれくらい取れるのか
食べるほど身はあるのかなど
お話していこうと思います。

あさりの身が小さいって本当なの?

3月は潮干狩りの時期として
微妙みたいな紹介をしましたが
取れないわけではないです。

むしろその場所によっては
こういう早い時期のほうが
たくさん取れるかもしれません。

単純に早い時期というのは
先にアサリを取る人が
あまりいないからというのも
一つの理由だったりします。

ですがこの時期のアサリは
たくさん取れたとしても
身が小さくて美味しくないとか
言われることもありますが
東北地方の3月下旬でも
気になるほどではありませんでした。

それに3月といえども
水温が暖かければ時期的に
ちょっと早いくらいでも
アサリはちゃんと育ちます。

3月は旬の時期でもあるんですよね。

潮干狩りについては
アサリやハマグリのコツでも
紹介しているように
タイミングを見極めるのも
かなり結果に影響しやすいと思います。

ですが場合によっては
密漁扱いされかねないので
その辺の慎重な下調べとかは
最低でもしたほうがよいかもしれません。

そういうトラブル的なことは
デートなら彼女の目の前で
家族で行く場合でも
子供の目の前で怒られるのは
かなり辛いものがあります。

そのためその解禁時期というのは
何よりも一番の必須事項として
考えておいたほうが
無難なんじゃないかと思いますね。

潮干狩りについては他の関連記事も
いろいろ参考になるかもしれません。

関連記事
→雨の日の潮干狩り!アサリやハマグリをたくさん取るコツってあるの?

→知らなかったじゃ困るだけ!雨の日の潮干狩りに持っていくと便利なもの

→台風通過後の潮干狩りはあさりがいっぱい取れるって本当?

→楽〜にあさりを採るコツと使う道具について

→簡単すぎる!初心者でもプロ並みに採れるマテ貝狩りのコツ

→知ってる人だけ得をする!大きいハマグリを採る裏技

→めっちゃ大事!アサリやハマグリの砂抜きと保存方法

→潮干狩りきたら牡蠣めっちゃあった!あれ?なんでみんな採らないの?

→あっクーラーボックスがない!そんな時の代用品

→潮干狩りに持って行くと助かる簡単なお弁当

→潮干狩りデートは本当にあり?失敗しないコツについて

潮干狩りの時期 3月は寒いだけ?あさりの身が小さいって本当なの?のまとめ

潮干狩りは春が最適な季節で
3月の時期はちょっと早いと
たまに言われますが
デメリットは少ないかと思います。

たとえば海の気温を考えると
最適な時期とは言えないので
混雑も少なく静かだったりして
しっぽりできたりもします。

めっちゃ寒い場合であれば
防寒具や長靴といった荷物も
けっこう増えちゃいますし
それなりにアサリなどの貝が
取れないと正直厳しいかと思います。

ですが3月の時期というのは
貝が取れないというわけではなく
ライバルが少ないために
多く取れる可能性もあり
身もそれなりに入っています。

ただ、解禁かどうかというのは
かなり慎重に調べておかないと
密漁扱いされちゃう可能性も
やっぱり普通にあるので
そこだけは注意が必要でしょうね。

スポンサードリンク

 - 春の行事 ,