青空暮らし

*

6月のジャケットは暑い?夏前でもおかしい?コーデのコツと着方など

   

6月のジャケットは暑いのか

それを着る場合は地方によっても

かなり違ってくるでしょうが

変とかおかしいと感じたり

季節外れを感じないかなどといった

見た目的なことについても

いろいろ紹介してみました。

最後までお読みいただければ

こういう夏前の時期の服装で

たとえジャケットでも

暑苦しいとはならない着方や

コーディネートの注意とコツなども

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

6月のジャケットは暑い?

6月といえば衣替えの時期で
一般的には梅雨の時期とも
言われたりもしますね。

個人的には衣替えについては
そこまで否定しませんが
住んでいる場所が北方なので
梅雨といえば7月のイメージが
ちょっと強かったりもします。

それでも例年を通してその時期の
服装を考えた場合
この6月っていうのは
ちょっと夏の先駆け的な気温を
毎年感じているような気がします。

そのためその時期のジャケットは
普通に暑苦しいかもしれません。

まあ、天候とか気温の影響で
けっこう違ってきますし
その地方によっても
快適かどうかは微妙でしょう。

ジャケットといっても
素材や作りも違うので
実際はなんとも言えませんけどね。

ですがこういう場合は
見た目的な季節外れ感も
やはり気になってしまいます。

次は周囲から見ておかしいのか
もう少しお話していきますね。

夏前のジャケットはおかしい?

例年でいえば6月という時期は
梅雨に入る前〜梅雨中かと思います。

こういう夏前の時期というのは
暑さも寒さも感じるので
服装も安定感がなかったりもします。

ですが梅雨前というのは夏っぽく
それなりに暑さを感じやすいので
そういう時期というのは
半袖が普通だったりもしますし
ジャケットだと浮いてしまいます。

では梅雨入り後にジャケットが
着れるのかといえば
今度は湿度の高さというのも
体感温度に影響してくるため
一概に寒くなるとも言えないため
そういう場合もジャケットは
快適とはいえなかったりします。


スポンサードリンク

そのため可能性としては
多くの場合はジャケットを着ると
やはり暑苦しいわけですが
変に見えるかどうかというのは
やはりそのジャケットのデザインや
素材によるのではないかと思います。

その場合でも腕まくりをするとか
ちょっとした工夫なんかでも
印象も違ってきたりもしますね。

ですが5月のパーカーは変?でも
紹介しているように
変に見えるかどうかというのは
着る時間帯にもよりますし
着る場所や環境でも
大きく違ってくるんですよね。

次はその辺も踏まえながら
おかしいとは感じない着方や
コーディネートについてなど
いろいろ紹介していこうと思います。

6月のジャケットのコーデのコツと着方について

ジャケットというのは普通は
アウターのような役割なので
6月に合う着方というのは
軽く羽織った感じの方が
やはりしっくりくるかもしれません。

基本的には薄めの生地の
テーラードジャケットが
見た目的にもスマートですね。

さらに快適に過ごしたいなら
その素材にもこだわって
麻の割合が多めのものの方が
涼しく感じやすいかと思います。

麻は風を通しやすく汗を吸い
速乾性にも優れているので
他のジャケットよりも
かなり快適だったりもします。

基本的に暑苦しい見た目は
ジャケットを着た場合の
表情なんかも作用するので
特に素材にこだわるというのは
有効なんじゃないかなって思いますね。

さらに色使いも爽快感を
意識することでその印象は
ガラッと変わると思います。

ですがジャケットを着ていても
その時間帯によっては
やはり暑くも感じますし
着慣れというのもあるので
暑いと思った時には
すでに脇汗が浸透してしまったり
そういう汗染みというのは
気がついた時にはすでに手遅れで
自覚できていないことも多いんですよね。

こういう場合というのは
半袖のTシャツになった時も
やはり目立ちやすいので
かなり厄介だったりもします。

そのため制汗剤とかで
対策しておくと暑苦しさを
ある程度は回避できると思います。

ですがある程度では意味はなく
周囲からの自分の印象や評判が
落ちちゃうこともあるので
あまり軽く考えることも
実際できないんですよね。

そのため汗止め効果が強力すぎて
多汗症の必需品とも言われる
デトランスαなんかを塗ると
ほぼ間違いないと思います。

ちょうど今限定的に
キャンペーン中ということで
40%オフと格安な上
敏感肌用のサンプルなんかも
プレゼント中なので
試してみるならタイミング的にも
絶妙かもしれません。
→デトランスαキャンペーン内容の詳細

6月のジャケットは暑い?夏前でもおかしい?コーデのコツと着方などのまとめ

6月の気温を考えた場合は
例年全国的に見ても
夏っぽい暑さを感じたりしますが
梅雨に入れば気温も低くなり
場合によってはジャケットでも
暑いと感じずに着ることも
可能かもしれません。

ですが見た目の季節外れ感は
その素材やデザインなんかでも
大きく違いますし
着ただけでおかしいとか変と
思われることもあります。

特に6月といえば見た感じに
暑苦しさを感じると
違和感が半端なかったりするので
麻素材のテーラードジャケットで
爽快感の色のものを着ると
無難じゃないかなって思います。

ですが汗をかいてしまったり
脇汗が滲んでしまうと
やっぱり不潔にも感じますし
Tシャツ1枚になったとしても
そちらの脇汗も目立つので
効くかどうかが微妙な市販品より
圧倒的に効果の高い制汗剤で
対処できた方が周りに与える印象も
かなり違ってくるかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,