青空暮らし

*

結婚式のドレスは膝上丈もあり?ロングがマナー?チュールの場合は?

   

結婚式のドレスの丈について

膝上の丈の長さについてや

ロングはどこまでの高さが

ありなのかなど紹介しました。

たとえばチュールドレスの場合は

スカート部分が二重になっていて

上側と下側で高さもバラバラですよね。

最後までお読みいただければ

チュールならばどっちの丈を

基準の高さにするべきかとか

どういうデザインがNGなのかも

それぞれ参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

結婚式のドレス 膝上丈もあり?

結婚式でのドレスのマナーは
膝上丈はNGとなります。

たしかにショップでは
パーティードレスも多く販売され
そういう膝上丈もかわいいし
実際に人気もあります。

ですが結婚式の場合というのは
フォーマルな場でもあり
一般的なパーティーの中でも
格が高い式となります。

そのためフォーマルな場に
ふさわしい服装がマナーになり
可愛らしいドレスは魅力的ですが
やはり避けたほうが無難ですね。

ただ、実際にはそういう膝上丈の
パーティードレスとかも
着ている人は普通にいます。

他の人が着ているならば
別に迷う必要なかったなとか
どうせなら自分も着たかったなとか
いろいろ思うかもしれません。

それでも知っている人から見ると
非常識と見られる可能性が高いし
それが自分とつながりのある
関係者などであれば
それはそれでマイナスになりますよね。

まあ、デザインによっては
二次会なら大丈夫な場合もあるし
個人的には結婚式にわざわざ
自分のイメージを落とさないほうが
無難かなあと思います。

では逆にロングならば
結婚式で着ても良いのか
次はそちらのマナーについて
もう少しお話していきます。

結婚式のドレス ロングがマナー?

結婚式のドレスといっても
長かければいいというわけでもありません。

やはりこういうロングドレスでも
ある程度の基準があります。

この場合にはたとえ長くても
くるぶしまでの長さであれば
問題ないと言われています。

そのためくるぶしよりも長いと
それはそれでマナー違反なので
丈を直すとかする必要があります。

短いものは長くできませんが
こういうロングドレスであれば
それも可能なため
使い勝手は良いかもしれませんね。

たとえば足にアザが出来た時とか
ストッキングで隠せない場合も
こういうドレスは有効かと思います。


スポンサードリンク

まあ、大丈夫とは言っても
オーソドックスに膝が隠れる程度が
本来は常識的な丈の長です。

また、結婚式の時間帯によって
マナーにも違いはあります。

日中は露出を控えるのが
マナーではありますが
ロングドレスは適していません。

夜はもう少し自由度が高く
露出が多いドレスとか
足が隠れちゃっても良いとか
いろいろ緩いので
ロングの着用に関しては
こちらのほうが無難でしょう。

ただ、実際にはそれも考え方とか
解釈の仕方も人それぞれなので
どの時間帯についても
よく言われる膝丈くらいが
一番無難かなって思いますね。

さらにチュールドレスならば
丈の長さといっても
二重になっているので
ちょっとわかりにくいと思います。

次はこのような特殊なドレスの
スカート部分について
いろいろ紹介していきますね。

結婚式のチュールドレスのマナーについて

結婚式のチュールドレスは
意見もさまざまあるわけですが
この場合の丈というものは
中のスカートの丈に合わせます。

つまり外側のチュール部分が
いくら長いといっても
中のスカートが膝上なら
マナー違反ってことですね。

販売されているチュールドレスでは
実際こういうデザインも
結構多かったりもしますよね。

そのためこれもほとんどの場合
結婚式には向いていなかったりもします。

また、チュールが中にある場合は
裾からはみ出ているデザインも
たまに見かけますよね。

こちらの場合もデザイン自体が
フォーマルとは言えません。

結婚式でのチュールスカートでも
マナーに関して紹介していますが
ある程度参考になると思います。

ですが先ほども紹介したように
実際の結婚式では
マナー違反とされるドレスで
当日赴く方も普通に多いんですよね。

個人的な考え方で言えば
こういうマナーというのは
経験の多さに比例してくるもので
若い人ならしょうがないと
思う部分も正直あります。

この許容範囲の部分というのも
人それぞれではありますが
マナーに沿ったドレスというのは
今後、年齢を重ねても
問題なく着れると思います。

その場合は結婚式のドレスの色
参考にすることで
新郎新婦に喜ばれる可能性も
高くなるかもしれません。

結婚式のドレスは膝上丈もあり?ロングがマナー?チュールの場合は?のまとめ

結婚式のドレスの丈は
膝上だとマナー違反になり
基本的には膝が隠れる程度が
無難な丈の高さになります。

ロングならば良いのかといえば
基本はくるぶしまでが限界で
時間帯によっては夜とかなら
もう少し長めでも良いという
そんな解釈もされたりしますね。

チュールドレスの場合はというと
基本的にはチュールじゃない方の
スカートの丈で見るので
膝が透けて見えるようでは
マナー違反となってしまいます。

結局はオーソドックスな装いの
フォーマルドレスが正解で
無難とされやすいため
違反にあたるかどうかなどは
関連記事も参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 - 結婚式 ,