青空暮らし

*

足立花火大会2016年のデート向けの屋台の場所や時間など

   

今回は足立の花火大会にの屋台について

恋愛に絡む花火デートの紹介を通じて

露店や出店などの夜店の場所や

開始時間などの営業時間、

ポイントの高い持ち物についても

恋愛テクニックと共に紹介します。

穴場的なとこはあえて紹介しませんが

その理由も公開します。

スポンサードリンク
  

足立花火大会2016年屋台デートテクニック

花火デートの場合、混雑などは
普通は避けて屋形船を調べてみたり
落ち着いた場所に行きたいところですが
私の場合はむしろ逆でした。

混雑が多いほど二人の距離は
急接近しますので混雑する屋台は
けっこうおすすめですよ。

混みやすいスポットの利用方法を
詳しく紹介しますね。

足立花火大会の場合は北千住が
一番混雑が激しいので二人の距離が
縮むことは容易に想像できますね。

でも遠慮なんかしてたら女の子を
守れないしはぐれちゃいますよね。

女の子はちゃんと理由ができると
恥ずかしいことでも受け入れることが
けっこう多いんですよ。

つまり、なかなか進展しないなど
悩んでいるならばぜひ活用してほしいし
うまくいって欲しいと思います。

具体的には、はぐれちゃうからって
それだけ言って手を差し伸べるとか
それだけです。

恥ずかしいなら一方的に手を握ってから
ひとこと言えば大丈夫なはずです。

それから混雑した場所では
いっぱい話しかけましょう。

くっだらないことでもいいので
どんどん声をかけてくださいね。

あ、デリカシーのない発言以外ですよ。

何喋っていいかわかんないなら
目についたものを言ってみるのもいいし
本当にくだらないことで大丈夫です。

混雑した状況ならば聞き取りにくいので
自然に顔が近づきますし
ちょっと思ったより近付いてくれない
そんな時は声を少し小さめにすると
近づいてくれますよ。

でも、小さい声は5回に1回くらいが
じっさいはベストです。

声の小さい男性は頼りない印象ですし
イライラの原因にもなって
かなりストレスが溜まることもあります。

それから、明らかにいつも大きい声と
思われている場合は見抜かれちゃいます。

見抜かれたら取り返しがつかないので
ずーっと小さい声はやめましょう。

ここで接近が増えれば、
これからの2人の距離感もぐっと縮まり
それがこれからの自然な距離にも
なるかもしれませんね。

スポンサードリンク

足立花火大会の屋台の場所と最寄駅

足立花火大会の屋台は
最寄駅付近にたくさんあるので
その最寄駅を早速紹介しますね。

花火会場の最寄駅は
北千住駅と梅島駅です。

先ほども言ったように混雑具合は
北千住のほうがかなり激しく
それに比べて梅島駅は
まだ歩きやすいですね。

でも、梅島駅からの打ち上げ場所までの
道沿いの屋台はけっこう多く
普通に出店を楽しみながら
会場のある河川敷の土手まで歩けます。

本当に露店は多いので
思いっきり楽しみましょう。

新しい夜店やおしゃれな屋台があると
テンション上がる女の子も多いので
見たことない屋台などを発見したら
すぐに教えてあげましょうね。

それから女の子と一緒に歩くには
この梅島駅のある西新井側も良いですが
その際はちゃんと女の子のペースに
合わせてあげましょうね。

足立花火大会の屋台の時間は何時から何時まで?

屋台などの出店の営業時間は
だいたいどこでも
お昼過ぎから夜21時頃までです。

混むのは夕方15時頃からですが
私のおすすめも夕方頃ですね。

花火デートのメインは屋台です。

花火はメインじゃなくて思い出を
綺麗にしてくれる調味料みたいなもので
ちょっと失敗しても花火が失敗を
記憶から薄めてくれると思います。

あなたのプラン通りには
いかないかもしれませんが
女の子の体調には気を配ってください。

たとえばトイレとかめっちゃ混むので
かなり気を使ってくださいね。

でも、デリカシーは大事ですから
自分がトイレに行きたいっていうのが
一番自然だと思います。

それから、夜には冷え込むかもですので
あえて羽織るシャツを持っていくなど
したほうがいいですよ。

臭かったり汗ばんだりしちゃうと
マニアじゃない限りはあれなので
着ないで持っていくのがおすすめです。

屋台は汚れることもあるので
綺麗なハンカチもあるとベストです。

全部女の子のためなので
女の子にだけ使ってあげてくださいね。

だからと言って女性物を持っていくのは
タブーですので、男性用のご用意を。

露骨な優しさアピールはダメですよ。

あくまでもさりげない気配りを
そっと与えて気づかれないように
意識するのがポイントですよ。

足立花火大会2016年屋台デートまとめ

足立花火大会の屋台デートのために

伝えることは伝えたと思いますが

もしかしたらもう少し

他の足立花火大会の記事などで

紹介するかもしれません。

今回も参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,