青空暮らし

*

宮城ひとめぼれスタジアムの駐車場予約と周辺の安い料金の場所を紹介

   

宮城県のひとめぼれスタジアム宮城の

駐車場は嵐やミスチルのコンサートや

ベガルタ仙台の試合等のイベント時に

駐車券も必要だったりしますが、

駐車券付チケットについての買い方や

予約できる駐車場や周辺の安い駐車場等

関連する交通規制や混雑状況の情報も

交えて穴場駐車場もこっそりと

紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

宮城ひとめぼれスタジアムは駐車場の予約が必要?

ひとめぼれスタジアム宮城は
Jリーグベガルタ仙台のホームですが
コンサートイベントがとても多いですね。

こちらの駐車場は6000台以上と
かなり大規模な収容台数ですが
会場には約5万人も収容されるため
やはり少し足りないんですね。

そのためイベントがある場合は
チケットと駐車券が必要になることが
結構多いんです。

さらに人気のあるイベントでは
イベントチケットだけでなく
とくに駐車券も数分で売り切れることも
しばしばあります。

駐車券もチケット販売店で買えますが、
直接スタジアムに問い合わせても
そちらでは受け付けないようです。

でも、駐車券があればそれは予約と
ほぼ同じ効力があるので
会場の出入りは混雑して大変ですが
駐車に困ることはまずありません。

販売店は各コンビニや
チケットぴあの窓口やネット販売
が有名ですね。

発行される駐車券の料金は
イベントの規模にもよりますが
1万人程度ならば500円か無料、
3万人以上なら1000円以上です。

混雑の状況としては
3500台以上の駐車台数の場合、
2時間は駐車場から出られません。

それでも駐車券が取れなかった場合は
どこに駐車するかが一番の問題です。

というのも宮城スタジアム周辺には
コインパーキングや時間貸し駐車場が
無いに等しいからでもあるんですね。

駐車場確保のためにも
次は私のオススメの駐車場を
紹介したいと思います。

ひとめぼれスタジアム周辺のおすすめ駐車場

一番おすすめできる駐車場は
利府駅近辺にある町営駐車場です。

こちらは311台の駐車が可能な
比較的大きな駐車場です。

料金は5時間100円、
5時間以上午前0時まで200円と
かなりリーズナブルです。

ここ以外どこに駐車するの?ってくらい
知る人ぞ知る駐車スポットですので
午前中の早い時間に到着しないと
11時には満車になる可能性が高いです。

こちらの駐車場のメリットとしては
利府駅に近いという立地です。

利府駅からはひとめぼれスタジアムまで
シャトルバスが出ることが多く
その際はめっちゃ便利です。

スポンサードリンク

さらに宮城スタジアム内よりも
早めに車を出すことも出来ますし
駐車料金が安く時間的にも余裕あるから
ちょっとゆっくりしてから帰ることも
可能なんですよね。

でも、普通自動車までの大きさしか
駐車できないのでマイクロバスとかの
大型の車両を駐車させるのは
ちょっと無理っぽいですね。

あと、こちらは予約などはできないので
典型的な早い者勝ちになります。

早めに行ける人限定の駐車場ですが
駐車できれば最高だと思います。

もしも早めに行くことができなそうとか
早く行けるか微妙などそんな場合の
駐車場も紹介しますね。

宮城スタジアム周辺駐車場の料金が安い駐車場

ひとめぼれスタジアム宮城の
常連さんの中には民間駐車場の利用を
フルに活用する方も多いです。

民間駐車場とは普段は駐車場として
営業してはいなかったり、
月極駐車場としている駐車場を
嵐やミスチルなど大規模イベントに限り、
その日だけ貸してくれる駐車場です。

住宅街などでよくあるのですが
穴場的な駐車場としての魅力があります。

どうやって探すかというと
akippaや軒先パーキングですね。

私も何度も利用していますが
たまに会場まで送迎してくれたり
お弁当作ってくれたりとか
人の優しさを感じる時があります。

本当に稀なので、
通常はそんなことないのですが
たった今おすすめした駐車場では
予約をするタイプなので
会場周辺でぐるぐる探す手間は
無くなりますね。

イベント当日には交通規制もあるので
確保してない場合は渋滞の中で
空いている駐車場を探すのは
かなり厳しいかと思います。

そのためにもakippaや軒先パーキング
かなり便利だと思いますね。

宮城ひとめぼれスタジアムは駐車場まとめ

ひとめぼれスタジアム宮城の

駐車場事情はちょっと複雑で

100円パーキングなども少なく

駐車場の確保がかなり難しいので

これらの方法以外も厳しいかと思います。

もしもその他の駅前駐車場が

空いている場合にはそちらと電車を

利用するのが一番楽かもしれません。

その際は終電の時間もあらかじめ

調べておくことをおすすめします。

今回も参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光