青空暮らし

*

相模湖イルミネーションの駐車場の混雑する時間とイルミリオン攻略

   

今回は相模湖プレジャーフォレストの

イルミネーション期間の駐車場の混雑と

駐車しやすい時間帯や

相模湖イルミリオンの攻略について

紹介したいと思います。

混雑を避けて駐車場を利用する方法や

私が実際に攻略する場合の

必勝法なんかはほぼ全て

土日や休日の場合に設定しており

平日の場合はそこまで混雑はないので

休日の場合をメインに詳しく説明しています。

ぜひ最後までお読みいただきたいと思います。

スポンサードリンク

相模湖イルミネーションの駐車場の混雑について

相模湖のイルミネーション期間中は
駐車場はやはり混雑しますが
やはり土日祝日は渋滞も長いです。

駐車場の状況で言っても同じですが
平日が一番駐車しやすく
混雑しやすいのは入り口近くです。

つまり駐車しやすいのは
なるべく入り口から遠い場所となります。

どっちみちあまりにも混雑が
激しい場合はもっと遠い臨時駐車場に
通されちゃいます。

遠い場所からシャトルバスで
相模湖プレジャーフォレスト入りとか
したくない場合は平日に行くのが
確実っぽいですね。

それでも第3・第4駐車場を利用すると
マイクロバスで入り口付近まで行き
そこからちょっとした山道を
歩くことになるので
歩きにくい靴を履いてると大変です。

たとえばデートの際なんかは
お連れの方の足元を見て
当日に行くかどうするかを
決めても良いかもしれません。

しっかりと手をつないで
引っ張ってあげるとか
できればそこまでの心配は
ないかもしれませんが
その際は天気もじゅうぶんに
注意したいところですね。

相模湖の駐車場の駐車しやすい時間帯について

平日ならばどの時間帯でも
だいたい駐車場に困ることは
ないように思います。

そして土日であれば
駐車しやすいのは20時台に
なるかと思います。

入場は21時までですが
イルミネーションを楽しめるのは
21時30分までです。

駐車しやすい時間が20時というのは
帰りの混雑のピークが20時台
なんですよね。

つまり入れ替わりで
その時間帯ならば
駐車しやすいであろうという
予測になります。

昨年など行った方ならば
たぶん19時台の後半あたりから
混雑を避けて早めに出る方も
多いと思います。

そのため20時前の到着が
できればそれはそれで
良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

できるだけ近い駐車場に
駐車するならばこのように
遅い時間帯に行くのが
効率的には良いです。

しかしそんなに閉園までの時間に
余裕があるわけではないので
ゆっくり見て回るというよりも
一回りするだけになる可能性もあります。

では私が個人的にどのように
回ってイルミネーションを楽しむか
その時間の攻略などについて
少し紹介したいと思います。

相模湖のイルミリオンの駐車場の攻略

相模湖プレジャーフォレストは
平日ならばあまり心配いりませんが
土日や祝日であれば
夕方のほうが良いと聞きます。

ちなみにインターチェンジか
国道を利用するかで言えば
今ではどちらも混雑は変わりません。

しかし実際の土日の夕方は
渋滞が激しく遊園地の入り口から
1キロ近い渋滞があります。

最も長い場所で言えば
阿津交差点までの2キロの渋滞ですね。

そのため夕方の到着を目指すと
夜の到着になりやすいです。

私が個人的に攻略するなら
15時くらいの到着を目指します。

たとえばお昼過ぎから夕方までの
到着を目指して早めに着いたら
アトラクションなどを
一通り楽しんだくらいから
イルミネーションが始まると思います。

暗闇に光るイルミネーションは
日が落ちるといつでも観れますが
夕方のイルミネーションは
夕方しか見れないので
ある意味貴重とも言えます。

夕方の後には夜のバージョンも
それぞれ楽しむことで
他の人よりも2倍楽しむことが
できるかと思います。

感動したまま19時過ぎには帰り
美味しいディナーを食べて
余韻に浸ると一緒に行った人とも
全体的に良い思い出になりそうですね。

相模湖イルミネーションの駐車場の混雑する時間とイルミリオン攻略のまとめ

相模湖プレジャーフォレストの

イルミネーション期間は

土日の攻略がやはりメインなので

私が行く場合の具体例も

ちょっと紹介してみました。

はっきり言って道路はどこも

混むので対策としては早く行くか

遅く行くかしかなくどこを通れば

なんてことはあまり考えていません。

あまりにも長い渋滞では

臨時駐車場のほうが手っ取り早く

最初からそちらを目指すのも

ある意味賢いかとも思います。

長い渋滞はストレスも溜まりますが

それでも運転だけには注意して

いただきたいと思います。

今回も参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,