青空暮らし

*

お餅のカビは食べられる?削る切り取るとか加熱処理で焼く時の安全性

   

今回お餅にカビが生えた場合

食べられるかどうかについて紹介します。

カビを削ったり切り取った場合や

焼いたり煮たり茹でたり揚げたりと

加熱処理をした場合は大丈夫か

いろいろ説明してみました。

食べた時にカビ臭い匂いが残るとか

そんな場合にも参考になるかもしれません。

ぜひ最後までお読みいただければと思います。

スポンサードリンク

お餅にカビが生えても食べられる?

お餅に生えたカビは
空気中のよく分からないカビのため
食べてはいけません。

たとえばチーズなどのように
意図的にカビを付ける場合は
わざと人体に影響のないカビを選んでいます。

カビの種類はかなり多く
毒性を持ったカビも
空気中にはたくさんいたりします。

どっちみちカビが生えすぎると
食べられるカビの場合でも
風味はかなり落ちて美味しくないですね。

しかし素人目にはどれが食べられて
どれが食べられないかなど
その判断は難しいと思います。

普通にお腹も壊しても嫌ですし
カビ生えたお餅食べたとか
病院でも恥ずかしくて言えないですよね。

餅のカビを削るとか切り取るとかすると食べられる?

お餅に生えたカビは削っても
意味がなかったりします。

カビには根があるため
奥深くまでカビは根付き
目に見えてわかるカビが消しても
完全になくなったわけではないんです。

そのため削るだけでなく
集めに切り取ったとしても
はっきり言って意味がありません。

しかしながら昔は
お餅のカビの生えた部分を
削り取って捨てた後に
水に浸けておくなどしたそうです。


スポンサードリンク

普通に知識を持った現代人なら
この方法はもはや使えません。

私も食べたことはありますが
カビ臭さは決して取れないし
食材を殺す可能性もあります。

作ってくれた人には悪いですが
タンスの中で食べてる気分になるし
経験上二度と食べたくないです。

そのため全くおすすめはできませんね。

餅のカビを加熱処理で焼くときの安全性

カビは熱に弱いため
焼いたり煮たりして加熱処理すると
ほとんどの場合は死滅します。

ほとんどの場合なので
完全に死滅するわけではありません。

このとき芽胞(がほう)と呼ばれる
耐久性の高い状態で生き残るという
稀なケースがあります。

それからカビが死滅したとしても
分泌された毒素は
煮ても焼いても消えません。


スポンサードリンク

さらに食中毒を起こす可能性もあります。

といってもお餅のカビの部分を
削り取って食べている人も多いし
お腹を壊したとか
今まで聞いたことないんですよね。

実際に食べた私もなんともありませんでしたし・・・

それでも食中毒の可能性は
ないわけではないので
食べるべきだとも言えませんが
このような事実を知った上で
自己責任で考えてみてください。

お餅のカビは食べられる?削る切り取るとか加熱処理で焼く時の安全性のまとめ

基本的にお餅に生えたカビは
毒性を持っている可能性が高く
どちらかといえば食べられません。

それからカビの生えている部分は
削り取っても中に根付いているので
完全に切り取ることは不可能です。

そして加熱処理した場合は
ほとんどのカビは死滅しますが
毒素までは消えないので
食中毒を起こす可能性があります。

ウォールステッカー 壁紙シール ウォールストーリー おじさん2 腹痛 ( インテリアシール ウォールシール Wall story コンセント 壁 シール デコレーションステッカー デコレーションシール スイッチ )

 - 生活の話