青空暮らし

*

井伊直虎の子孫について井伊直弼との関係や結婚や婚約した人物

      2017/03/11

今回はNHK大河ドラマでも話題の

おんな城主 直虎主人公井伊直虎の

子孫や幕末の大老井伊直弼との関係、

生涯で結婚・婚約した人物について紹介します。

徳川四天王井伊直政との関係や

井伊直弼の先祖の逸話と歴史、

当時の史実についてどこまでが本当か

創作の可能性についても説明してみます。

スポンサードリンク

井伊直虎の子孫について

井伊直虎に実子はいなかったため
事実上の子孫はいなかったと
言われています。

井伊直虎の父、直盛にも
男子はいなかったため
直系の子孫は直虎で途絶えました。

しかし直虎には養子直政がいたため
井伊家は途絶えることなく
続いていきます。

直政はその後、
徳川四天王・徳川三傑として
家康を盛り立て大きく
功名を立てることになります。

また直政は直虎のはとこにあたり
まるっきり他人とも言えません。

井伊家はこれまで男子に
恵まれなかったわけではありませんが
次々に不遇の人生を遂げています。

そのため血は途絶えかけましたが
直虎が養子を育て上げたことで
滅亡の危機を脱して
再興を果たしたとも言えます。

つまり井伊家の先祖は
直政ではありますが
さらに遡って曽祖父の直平が
直虎と養子直政の先祖にあたります。

井伊直虎と井伊直弼との関係について

井伊直弼は江戸幕府の大老で
安政の大獄や桜田門外の変で
必ず歴史で習う重要人物ですね。

井伊直弼は直政の子孫です。

先ほどの説明の通り
直虎には直系の子孫はいませんが
家系上は直政の養母のため
井伊氏としては先祖にあたります。

直政の次男直孝から繋がります。

直政の長男直勝ではなく
直孝が家督を継ぎましたが
この背景には家康が絡んでいます。


スポンサードリンク

大阪冬の陣で期待以上の働きを
家康に認められたことにより
次男である直孝が正式に家督を
継ぐことになります。

このように近江彦根藩は
初代藩主直政の18万石から
第二代藩主直孝に代わり
30万石と繁栄させました。

井伊直弼は第15代藩主ですが
直孝の直系の子孫でもあります。

また、直政の長男直勝は
直勝系井伊氏の初代ともいわれ
分家として扱われています。

そのため一時期直政の後を継ぎ
近江彦根藩の藩主となるものの
二代目藩主として数えられないことが多いです。

井伊直虎と結婚・婚約した人物

井伊直虎は生涯未婚のままで
結婚することは一度もなかったと言われています。

養子である直政の父親直親と
婚約していたということは
わかっています。

つまり直親の子供は
直政ということですが
こちらは直虎ではなく
正室との子ということですね。

直親は婿養子に入る予定で
直虎の許嫁となったものの
直親の父直満に今川義元への
謀反の疑いがかけられ自害させられます。

危機を感じた直親は
井伊家の領地から逃げ
直虎は出家することになります。

その後直親は今川家に戻りますが
直虎に会う前に正室を迎えてしまいました。

桶狭間の戦いで戦死した直虎の父に
代わり直親が家督を継ぎましたが
主君の今川氏真から家康との
内通を疑われ弁明へと向かう道中で
今川家臣朝比奈泰朝に討たれます。

しかし直虎のこの辺の史実は
創作とも言われています。

登場人物全員の年齢が若すぎるし
直虎に至っては詳細が不明で
父親が19歳の頃に
出家するには幼すぎる年齢ではないか
というのが理由ですね。

当時の井伊氏はドタバタ感が強く
慌ただしい激動の中で
出家したり領主になったりと
婚姻関係を結ぶ暇は
なかったかもしれません。

また井伊氏のイメージもあるため
個人的な見解ですが
男子を出すこと自体も
難しかったように感じます。

関連記事
→大人気の観光スポット!大河ドラマでおなじみの井伊家発祥の井戸と龍潭寺への行き方

この一冊でよくわかる!女城主・井伊直虎 [ 楠戸義昭 ]

井伊直虎の子孫について井伊直弼との関係や結婚や婚約した人物のまとめ

井伊直虎には子供がいないため
井伊氏の先祖は養子の直政になります。

桜田門外の変で暗殺された
井伊直弼の先祖も直虎ではなく
直政の直系だったりします。

直虎の婚約者は直政の父
直親ただ一人ですが
生涯結婚することは
ありませんでした。

スポンサードリンク

 - 歴史