青空暮らし

*

足立花火大会穴場や見える場所おすすめのスポットと隠れた穴場はココ

   

足立区の花火大会は混雑がすごくて

回避できないから穴場はないとか

あっても梅島側や扇大橋くらいとか

たまに聞きますが、かなりよく見える

穴場的な場所はたくさんあるんです。

今回は本当に人が少ないスポットで

場所取りせずにちゃんとよく見える、

打ち上げ場所近くで大きく見える、

時間を気にせず快適に見える、そんな

最高のスポットの数々を紹介します。

必要な持ち物や注意点、体験談も

交えてお伝えしますね。

屋台についての詳しい内容は別記事を

参照してください。

スポンサードリンク
  

足立花火大会場所取りなしで穴場的に見える場所

まず、私が紹介したいのは
荒川の土手ですが、
京成線の鉄橋から奥側です。

京成電鉄の鉄橋や荒川沿いのビルなど
障害物が多く感じるためか
人は少なくまったり見えます。

よく見えるビュースポットは歩きながら
自分で調整してみてください。

三脚持った人は毎年良い場所で
撮っているのでそんな人を見つけたら
その近くは間違いないと思います。

それから、そんな場所は蚊も多いので
虫除けスプレーの準備も
あらかじめしておくと助かりますよ。

私の場合は虫除けリング手首につけて
虫除け対策してますが
これもつけるだけなので楽ですね。

足立花火大会のおすすめ穴場スポット

穴場って言っていいかわかりませんが
当日の夕方16時くらいに陣取ると
どこよりもよく見える場所があります。

それは会場前のちょっと辛い斜面です。

ちゃんとしっかりした靴じゃないと
滑ってしまうかもです。

カップルなら普通に手をつないで
見ても良いかもしれませんね。

大変そうに見えますが
苦労した分の価値は大きいですよ。

打ち上げ花火も大きいですし
仕掛け花火も思いっきり堪能できて
ナイアガラの滝に限っては
今まで重要視していませんでしたが
めっちゃ見応えがあります。

有料席よりも至近距離で
お金を払わずに見れて感動もでき、
それなのに場所取りに苦労しない
そんなすごいスポットはここだけです。

スポンサードリンク

ただ、お腹空いちゃうので
何か持って行ったほうがいいですが
斜めなので置き場所に少し注意です。

うまい具合になにか対策を考えるとか
そこまでしなくてもいいですが
ピクニックみたいに
お弁当を広げるような感じが
ムリっていうだけですよ。

足立花火大会場所取りいらずの隠れスポット

カップルにおすすめのスポットは
東京スカイツリーの展望台です。

涼しい場所で見下ろす花火は
下から見る花火と全く違い
とっても綺麗なんですよね。

あんまり上に行っちゃうと
小さくなっちゃうし
1000円も余計にかかっちゃうので
450mの展望台は行く必要ないですね。

そのため、途中の350mの展望台が
ベストスポットですよ。

まるで煌びやかな宝石が
どんどん湧いて出てくるような
そんな綺麗な花火に
近くの外人さんもめちゃめちゃ
興奮してたくらいです。

スカイツリーから見る花火は
土手や河川敷から見る花火と違い
虫対策もいらないし、
人が密集しないので暑苦しくもなく
かなり快適に楽しむことができます。

通常の花火大会では下から見上げるため
首が痛くなったりしますが
スカイツリーの場合は見下ろすので
今度は逆に肩が痛くなっちゃうように
感じますが手すりに手を置いて
見ることでそんな心配もなく観れますよ。

ちなみにこちらの350m展望台は
料金が2000円です。

帰りに下のスカイツリータウンで
食事して帰ると誰もが満足するようで
私は先ほどの初対面の外人さんとも
じつはその後ディナーのお店が一緒で
仲良くなっちゃいました。

何言ってるかよくわかんなかったけど
ニュアンスは伝わってきたので
英語に日本語で返す奇妙な光景に
スタッフさんも終始苦笑いでした。

足立花火大会穴場や見える場所のまとめ

足立の花火大会は本当に魅力的で

かなり見応えがあるのに

都内でも見たことないって方は

けっこう多いんですよね。

すごい混むとか言われるとちょっと

行く気が失せるのもわかりますが

こうした穴場も楽しいので

ぜひとも見て欲しいと思います。

今回も参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,