青空暮らし

*

須磨海浜水族園周辺の駐車場で料金が安いコインパーキングを紹介

      2018/11/15

今回は須磨海浜水族園周辺の駐車場の料金や、かなり安い駐車料金の場所と穴場についても紹介をしたいと思います。

水族館では夏と冬のイルミネーションがありますが、特に夏の須磨アクアイルミナージュにぴったりの場所やビジネスホテルなどの宿泊にも便利な駐車場なども、今後の計画に合わせて選びやすく紹介してみました。

わかりにくい須磨海浜公園第1駐車場の場所や他の駐車場も地図を使い紹介してみました。

ぜひ最後までお読みいただきたいと思います。

スポンサードリンク

須磨海浜水族園周辺の駐車場について

須磨海浜水族園に車で行くなら、駐車場がないといっても須磨海浜公園の第1・第2駐車場のどちらかをたいていは利用します。

第1駐車場は901台と大きいですし、水族館の隣にあるので非常に駐車もしやすいですね。

第2駐車場は142台分で第1駐車場よりも少し離れます。

海水浴場は水族館の裏にあるので、7月8月は水族館だけでなく夏休みの海水浴客やアンパンマンミュージアムの利用者で混み合い駐車できないこともあります。

第2駐車場は特に満車になることも多く、臨時駐車場もそれぞれの駐車場付近に設置されます。

臨時駐車場は第1駐車場には352台、第2駐車場には235台とけっこう無視できないほどの大規模な駐車場です。

しかし7月8月の夏休み中は料金的にそこまではおすすめできません。

そこで、須磨海浜公園の駐車場の利用料金について少し説明をしてから、最も安い周辺駐車場の紹介などもしていきたいと思います。

須磨海浜水族園近辺の駐車場の料金について

普段の須磨海浜公園の駐車場は、平日最初の1時間は300円でその後60分ごとに200円追加されます。

土・日・祝日であれば、最初の1時間が400円で、その後に追加される料金は平日と同じ200円となります。

そして0時〜24時までの第1駐車場の平日のみ最大料金は700円なので、周辺駐車場の中でもかなりおすすめと言えます。

しかしそれは7月・8月を除けばの話です。

7月・8月は第1・第2の駐車場はすべて土日祝日の駐車料金で最大料金のシステムはありません。


スポンサードリンク

そのため、たった4時間で1000円を突破しちゃいます。

仮に須磨アクアイルミナージュと須磨海浜水族園の両方を楽しもうとするなら、値段的に少し注意ですね。

もう少し安い駐車場に駐車すると、浮いた差額でいつもより少し豪華なご飯も食べられると思います。

夏のイルミネーション企画は冬と違って日中から夜間まで同じ料金で楽しめるので、そんな時ほど次に紹介する安い料金の駐車場なんかは参考になると思いますよ。

須磨海浜水族園近くの駐車場で安いコインパーキングと須磨海浜公園第1駐車場などの地図について

平日・土日祝日とすべて含めて一番安いのは須磨ヨットハーバー駐車場です。

駐車後24時間の駐車料金は600円となっているんですよね。

ただ、多くのサイトで穴場と言って紹介しているので、実際は駐車しにくいかもしれません。

そんなときはあえてタイムズ須磨海浜公園駅前の駐車場もおすすめです。

こちらは24時までですが、平日の最大料金が600円土日祝日は800円となっています。

夏場は3時間以上の利用で海浜公園の駐車場に比べてお得になります。

土日2時間、平日3時間以内なら料金は変わりません。

海浜公園の駐車場のほうが近いので利用時間の計画に合わせて選んでいただくと良いかと思います。

次に安いのはタイムズ須磨海浜公園駅前第2ですね。

こちらは最大料金800円です。

先ほどの駅前の駐車場と違うのは、平日や土日に関わらずいつでも最大800円であるところと、駐車してから24時間までずっと800円であるところですね。

それから、駐車台数は7台と小さく駐車できるかは少し微妙ですが、タイミングよく駐車できるとかなりラッキーなので試す価値はあると思います。

例えば、須磨海浜水族園のイルミネーションを楽しんで、駐車場のない須磨海浜公園周辺のホテルなどに宿泊する際にはちょうど良いかもしれませんね。

楽天カードを利用すると安いだけでなくポイントも増えて便利かと思います。

→須磨海浜公園周辺の格安ホテル一覧はこちらから(楽天)

最後に紹介するのは須磨行幸町2丁目駐車場です。

こちらは駐車後24時間900円で駐車台数は9台です。

タイムズ須磨海浜公園駅前第2とは料金以外は変わらないので、そちらで駐車できない場合はこちらを試すと良いでしょう。

はっきり言ってすべて須磨海浜水族園から離れてますが歩いても10分もかかりません。

須磨海浜水族園周辺の駐車場で料金が安いコインパーキングのまとめ

須磨海浜水族園を楽しんだり、ぶっ通しでイルミネーションまで堪能するとか宿泊までしてみるなどという選択も時にはありかもしれません。

そのように状況に応じて駐車場選びを試みるというのもありかもしれませんが、事前に計画を立てて選択肢を増やしておく方がやはり安心ですよね。

やはり駐車するにはヨットハーバーが一番のおすすめだったりもしますが、万が一のためにも他の駐車場も参考になればと思います。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,