青空暮らし

*

日田川開き観光祭の花火大会会場とよく見える場所や穴場スポット

   

日田川開き観光祭の花火大会の

打ち上げ会場の場所と

よく見えるスポットを紹介しました。

三隈川の河川敷がよく見えると

けっこう言われますが

方角を間違えてしまうと

河川敷でもよく見えないこともあります。

今回は穴場スポットも

少し説明してみたので

デートなどでも参考になればと思います。

スポンサードリンク

日田川開き観光祭の花火大会会場はどこ?

日田川開き観光祭当日は
やはり花火がメインですが
打ち上げ場所を把握してない方も
けっこう多いんですよね。

人も少なくて穴場と喜んでたら
角度が悪くて全然だったなんて
よくありがちなんです。

花火の打ち上げ場所は
三隈川公園の辺りで
仕掛け花火の場所は
三隈川公園の北側と南側の
2箇所があります。

仕掛け花火の場所を
さらに詳しく言うと
三隈川公園と亀山公園の間が北側、
三隈川公園とナフコの間が南側になります。

それぞれは対岸なので
どんな花火を見たいかで
その見える花火も違います。

地図を見た方がわかりやすいので
下地図でご確認ください。

次はよく見えるポイントについて
紹介していきますね。

日田の川開き当日に花火のよく見える場所

基本的によく見える場所は
三隈川の河川敷になります。

しかし河川敷といっても
三隈川公園の西側からならば
仕掛け花火も片方しか満足に楽しめません。

しかし東側からならば
両方の花火が楽しめます。

やはりよく見えるだけあって
河川敷には人も多いでしょう。

ですが大勢の観覧客がいる場所は
間違いなく絶景ポイントなので
満足に楽しめると思います。


スポンサードリンク

しかし人がたくさんいすぎて
東側にずーっと離れちゃうと
仕掛け花火を見たくても
橋が邪魔だったりもします。

そのためこの場合は
時間との勝負で早くから
場所を確保するしかないですね。

とは言ってもあくまでも
正攻法ならですが・・・

次は花火がよく見える方法を
紹介していきますね。

日田の花火大会の穴場スポットについて

基本的に河川敷で見えると
紹介しましたが、
場所が悪ければ条件がよくても
満足できないこともあります。

というのも日田温泉の河川敷なら
屋形船も通ります。

下の方から楽しもうとしても
船が邪魔になることもあります。

そのためできれば上から
見た方が良かったりもします。

それから公園の東側はやはり
人気も高いので混雑しますが
あえて西側から見るのも悪くありません。

西側からならば
対岸の仕掛け花火は見えませんが
それ以外はそこそこ楽しみやすいです。

ですがやはり両方の仕掛け花火と
打ち上げ花火を楽しみたい場合には
船から見るのが一番ですね。

角度的にも屋形船から見るのが
一番のポイントですし
決まった人数しか乗れないので
ここまで快適な穴場はありませんね。

こちらはお食事もできるので
デートにもおすすめです。

料金や予約方法は関連記事も
参考になるかもしれません。

関連記事
→日田花火大会の穴場駐車場はこちらから

→日田花火大会の屋形船情報はこちらから

→日田花火会場周辺の超格安ホテル一覧はこちらから(楽天)

日田川開き観光祭の花火大会会場とよく見える場所や穴場スポットのまとめ

日田川開き観光祭の
花火大会の会場を把握できたら
どこで見るかというよりも
何を見るかを先に決めるのもおすすめです。

仕掛け花火をメインに考えるなら
近くで見るしかないですし
打ち上げ花火だけでも満足ならば
遠くから見た方が快適で綺麗です。

穴場というのはだいたいは
そこまで見えないものですが
日田の花火ならばやはり屋形船が
最高のビュースポットになります。

河川敷ではなく川から見るほど
良い角度はないでしょう。

関連記事も含めて参考になればと思います。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,