青空暮らし

*

七五三での母親の服装のマナー、ワンピースやパンツスーツでも大丈夫?

   

今回は七五三での母親の服装のマナーや

色についてとワンピースは

七五三にはカジュアルすぎるのか、

パンツスーツでも大丈夫かという

あなたの悩みについて

いろいろ紹介したいと思います。

七五三の昔の服装マナーに比べて

最近のお母さんの傾向についても詳しく

紹介していますので服装に悩んで

ワンピースやパンツスーツを

考えているならば注意点や

ちょっとしたアドバイスもママさんの

参考になるのではないでしょうか。

ぜひ最後までお読みいただきたいと思います。

スポンサードリンク

七五三での母親の服装のマナーや色について

七五三はおめでたい祝い事で
主役はお子さんです。

母親の服装マナーとしては
主役を立ててカジュアルすぎず
喪服をイメージさせないような服装が
今では理想的な服装と言われています。

昔であれば着物などの和服が
一般的でしたが今では都会以外でも
ほとんどの地域では洋服が多いですね。

喪服をイメージさせないというのは
黒い色の服を着てはいけないという
わけではありません。

だいたい多くの方は
黒色を着用することが多いです。

ちなみに男性はダークスーツが基本で
女性はそれに準じた服装が
基本になると言われています。

そのため黒っぽい服装になりがちですが
装飾品にパールを身につけると
それだけで喪服をイメージしてしまいますね。

逆を言えば装飾品に気をつければ
それだけで対応もできちゃいます。

それでもカジュアルすぎない服装は
ちょっとわかりにくいですよね。

次はついつい選んでしまいがちな
ワンピースについてマナー的に
ありかなしかちょっと詳しく紹介します。

七五三での母親の服装がワンピースはカジュアルすぎ?

七五三にワンピースを着る母親は
一般的に多いです。

柄などがカジュアルすぎても
ジャケットでうまくカバーをしたり
そんなテクニックも見受けられます。

少し前の母親の服装マナーは
フォーマルでしたが
最近ではカジュアルすぎない服装と
なったようにお宮参りの考え方も
かなり緩くなってきています。

「服装に困ったらワンピース」
「とりあえずワンピース」
というようにこのファッションは
やっぱり様々なシーンで便利ですよね。

お子さんもオシャレなママが
好きなんじゃないでしょうか?

主役はお子さんですが
派手すぎなければお母さんの
服装もそこそこオシャレしても
神社では問題なさそうな感じです。

スポンサードリンク

地域によってはしきたりなども
あるようですが、
一応ご近所のお知り合いに確認してから
決められるのが最善かと思います。

それでも七五三は11月の行事なので
寒そうに見えることもありますし
地域によっては実際に寒すぎることもあります。

そんな場合はパンツスーツも
考えちゃう方も多いですね。

次はそのパンツスーツについての
七五三の衣装について
紹介したいと思います。

七五三での母親の服装はパンツスーツでも大丈夫?

七五三ではパンツスーツのママさんも
よく見かけますね。

TPOに適した良い服装だと思います。

ワンピースよりもカジュアル感もなく
パンツスーツを選ぶ方の中には
無難だからという理由の方も多いです。

ただ、パンツスーツの場合は
インナーとしてのブラウスなどの
色などに気を使ったほうが良いですね。

たとえば真っ白のブラウスならば
ちょっと面接に行くような
リクルートスーツにも見えかねません。

そのためもう少しオシャレ感を出して
色だけではなくフリル系にするとか
シフォン系にするとかも
考えて良いかと思います。

簡単に言うとパンツスーツを
カジュアルっぽく着こなすオシャレが
ちょうど良いのではないでしょうか。

アクセサリーを取り入れるのも
一つのテクニックですね。

今の時代はかえって
フォーマルのほうが浮きがちです。

マナーは時代に合わせて
どんどん変わって行くものなので
全体のバランスさえ間違えなければ
ほとんどのパンツスーツは大丈夫です。

バランスは服装だけではなく
バッグや靴も合わせて
色なども考えてみましょう。

七五三での母親の服装のマナーとワンピース、パンツスーツのまとめ

今回は七五三の最近のマナーとして

ママさんの服装を紹介しました。

何度も紹介している通りに

カジュアルすぎない服装が

一般的に言われているマナーです。

あくまでも私個人の考えですが

実際に神社で観察してみると

逆にフォーマル過ぎないのが

最近の傾向じゃないかなって

感じてしまいます。

考え方は人それぞれですが

それでもオシャレ感のない服装よりは

少しでも見栄えがあったほうが良いし

わざわざ子供の衣装の引き立て役に

なるようなこともしなくて良いと思います。

一生に残る七五三の写真では

後悔のないように考えてみましょう。

今回も参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 生活の話 ,