青空暮らし

*

江ノ島イルミネーションは雨天も綺麗?デートカップルの口コミと寒い時の持ち物やおしゃれな対策

   

今回は江ノ島イルミネーションは

雨天時も綺麗でおすすめなのか

雨の日デートしたカップルの

正直な感想や口コミを参考に

寒い時のおしゃれな持ち物や対策で

暖まりながら楽しめるポイントも

紹介したいと思います。

雨の日のシーキャンドルのある

サムエル・コッキング苑の

メリットでもある空いてるイルミの

見え方や状況、雨じゃないと

できない体験なども紹介して

混雑が激しいクリスマスや年末年始、

バレンタイン以外の時でも

お役に立てていただければと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサードリンク

江ノ島イルミネーションは雨天も綺麗でおすすめ?

江ノ島のイルミネーションは
シーキャンドルを始め
サムエル・コッキング苑など
とても綺麗な演出が特徴的ですが
雨の日にはさらに輝きが増します。

雨が降ると濡れた地面に
イルミネーションの光が反射し
晴れの日以上の輝きになります。

イルミネーションで定番の
光のトンネルもかなりおすすめで
紫色の淡い光が通った人々の身体を
上・横・斜めからだけでなく
下からも包み込んでしまうのは
雨の日にしかできない体験ですね。

雨の日のイルミネーションの
メリットはこの見え方だけでなく
晴れの日よりも空いているというのも
かなり大きいと思います。

混雑のしにくさと綺麗な見え方で
江ノ島に行く日を選ぶならば
雨の日は特に日中から夕方にかけて
降っている時がおすすめです。

ですが雨の日は歩きにくく
いつにも増して寒く感じるため
どちらかと言えば
誰もが降って欲しいとは思いません。

しかしその雨は暗くなった夜に
タイミングよく降り止むことも
少なくありません。

そんな時は地面は濡れてても
雨に濡れずに視界も良好なので
雨上がりイルミは
まさに良いことづくめです。

逆に注意したい天気は
雨が降りそうで降らない時です。

こういう時は混雑も激しく
途中から降るという流れでは
いつもの普通の綺麗なイルミしか
見れないしどこに行っても
混んでいるため雨宿りも
大変なんですよね。

そのため降るか降らないか
微妙な時よりは雨が降っちゃった時に
お出かけするのがおすすめです。

しかし雨の日は視界が悪いので
車の運転はかなり注意しましょうね。


スポンサードリンク

江ノ島イルミネーションの雨の日デートしたカップルの口コミ

雨の日の江ノ島イルミネーションの
良さとおすすめを紹介しましたが
実際に行った方々の口コミも
かなり気になるところだと思います。

雨の日に行った方々の
口コミというのは少なかったのですが
どれも正直な感想とも言えますので
ぜひ参考にしてみてください。

最初から雨降りならば
ある程度の準備はできますが
途中で降られると大変なんですよね。

天気予報は必ずチェックしておきましょう。

いくら雨の日は空いてると言っても
クリスマスや年末年始、
バレンタインイルミなどの
特別な日は混雑が激しくなります。

混んでいる時には
雨宿り先ももっと混むので
こんな時は雨具の準備と防寒対策が
必須と言っても良いでしょう。

冬の江ノ島はとにかく寒いです。

実は雨が降らなくても寒いです。

雨の日のイルミネーションは
とにかく綺麗なので
こんな時の感想は寒いと綺麗しか
思い浮かばないのもよくわかります。

しかし中途半端な綺麗さならば
寒いというイメージが強すぎて
綺麗という感想まで出てこないんですよね。

江ノ島の場合は平日も空きやすいので
雨も降るとダブルでゆっくり堪能できます。

つまり道路や駐車場の混雑も
だいぶ軽減されるため
とってもスムーズに行きやすくなります。

それを考えると
見るだけではなく行き方にも
じゅうぶんなメリットがありますね。

彼女にサプライズとして
イルミに連れていくというのは
デートのプレゼントして
雨でも関係なく喜んでくれます。

本当に喜ぶかどうかは
人それぞれと言いたいところですが
素直に喜んでもらうためにも
寒さの対策はしっかりとしておきましょう。

あの時は寒くて・・・
という思い出は聞くだけで萎えるので
けっこう肝心だと思いますね。


スポンサードリンク

江ノ島イルミネーションの雨デートは寒い時の持ち物やおしゃれな対策がポイント

何度も言うように雨の日は
雨具が必要です。

江ノ島のお店にも傘など
売ってはいます。

しかし駐車場や駅からは
距離もあるのでたとえ小雨でも
最初から持って行くのと
行かないのとでは大きな違いがあります。

多少煩わしくても
雨が降っていたり降りそうならば
透明のビニール傘を最低でも1つは
持って行くのが無難かと思います。

もしも男女の仲が進展してないなら
傘が1つあれば相合傘で
二人の距離は近づきやすいですね。

さらにその傘が透明のビニール傘なら
近くの高い木のイルミも楽しめ
光のトンネル内ならば
傘を通して地面に反射しやすいので
恋人同士で光に包まれやすく
一緒に感動しやすいかと思います。

高い木のイルミはそんなに問題ないと
思いがちですが、
バレンタインのイルミネーションでは
河津桜が咲き始める頃なので
ライトアップとはまったく違う
イルミに咲く桜が見頃となります。

それから海辺にある江ノ島は
風が強くて冷たいので
ツイッターの口コミでもあったように
とにかく寒いです。

あまりにも寒い時には
サムエル・コッキング苑内に
LONCAFEロンカフェという
おしゃれなフレンチトーストの
お店もありあたたか〜い
ホットドリンクも充実していて
そちらで温まることもできます。

しかしお店を出ると
寒さがまたぶり返してくるので
どっちみち防寒対策は必須になります。

そのためマフラーなどで
防寒対策がしっかりできると
だいぶ違ってきます。

でも私の個人的なおすすめは
おしゃれなカイロですね。

おしゃれなカイロは
そのまま使っても良いですし
クリスマスやお誕生日の
プレゼントとしても
気の利いた贈り物として
ちょうどよかったりします。

それもUSBの充電式ならば
江ノ島に到着するまで
モバイルバッテリーや
車のシガーソケットでも充電できて
二人でカイロを包むように
手をつなぐと江ノ島イルミを
暖まりながら楽しめると思います。

プレゼントをするなら
ネームやメッセージを刻んでくれて
ラッピングもしてくれる
イーカイロスティックがおすすめです。


【 充電式 カイロ 】 イーカイロ スティック オレンジ [名入れカイロ] 【 e-Kiaro Stick 】 【 モバイルバッテリー 】【 LEDライト 】【楽ギフ_名入れ】【 02P03Sep16 】

江ノ島イルミネーションは雨天も綺麗デートカップルの口コミと寒い時の持ち物やおしゃれな対策のまとめ

雨の日の江ノ島イルミネーションは
とっても綺麗で混雑も少なく
雨の日でなければできない体験も
楽しむことができます。

口コミの通り混みにくいと言っても
やはりクリスマスのように特別な日は
雨だろうが混雑は激しくなります。

そんな時はとにかく寒いし
雨宿り先もかなり混み合うため
しっかりと防寒対策をしましょう。

今回も参考になれば幸いです。

関連記事
⇒知らなきゃ損!江ノ島シーキャンドルのイルミネーション事前情報

→江ノ島周辺の安い駐車場と予約できるのにめっちゃ安い穴場

⇒ 江ノ島の周辺情報はこちらから ( 楽天 )

 - お出かけ・観光 ,