青空暮らし

*

トイレ便器の蓋汚れや黄ばみが落ちない時の掃除で一番簡単な落とし方

   

トイレの便器のふたの汚れと

取れない黄ばみの落とし方について

私が一番効果を感じた方法を

紹介していきたいと思います。

なぜこんなところが汚れるのか

洗剤を使わない方法はあるのか

水拭きしても落ちない場合は?

超簡単に掃除を終わらせる方法や

予防対策などはないのか、などなど

これらのお悩みが解決できればと思います。

スポンサードリンク

トイレ便器の蓋汚れについて

トイレの便器のふたの汚れは
表側と裏側で原因が違います。

しかし男性のいる場合には
立ってする方もいるので
ふたの裏側に尿の跳ね返りも
あったりしますよね。

しかし普通に表側も
可能性だけで言えば
尿汚れはあるかもしれません。

たとえば急いでいたりすれば
ちゃんと最後まで上がってなくて
用を足している最中に
便座と一緒に落っこちることもあるんです。

普通ならば瞬間的に
ぱっと手が出ると思いますが
朝方などはぼーっとしがちなので
間に合わないかもしれません。

とはいえ完全に濡らす方は
ほとんどいないと思いますが
まあ軽く拭くだけって人も
聞いた話では少なくもないですね。

しかし取れない黄ばみというのもあります。

その場合の落とし方について紹介します。

便器の蓋の黄ばみについて

便器のフタはトイレの中でも
けっこう抵抗なく拭きやすいので
そこまで汚れはひどくなりにくいです。

しかし先ほど紹介した通り
尿の跳ね返りを放置すれば
固まっちゃうこともあります。

この場合でも水拭きで
ある程度は取れたりもします。

しかし固まっちゃったものは
拭いても黄ばみが残っちゃう場合もあります。

こんな時に有効だったのは
ちゃんと水を含ませた
メラミンスポンジでしたね。


スポンサードリンク

たっぷりの水で湿らせて
水拭きの時と同じように
ただただ拭き擦るだけです。

このスポンジでは薄く削りながら
汚れを落とすことになるので
けっこう早めに落ちるし
洗剤と違って臭いもしません。

しかしデメリットもあります。

目で確認できないほど
薄く削るため何度も使用すると
プラスチック本来の光沢が
なくなる恐れがあります。

それから汚れがひどい場合には
拭いた跡が残りやすいので
全体的に拭き取ることも
あったりします。

それだけ効果は期待できますが
もしも綺麗にできたなら
今後は次の方法で
もっと簡単に掃除ができると思います。

便器の黄ばみの掃除で一番簡単な落とし方

便器の黄ばみが落ちたら
絶対便座カバーと一緒に
ふたのカバーもつけた方がいいです。

カバーはいくら汚れても
洗えたりもできます。

交換用に最低2枚は
あった方が良いでしょう。

カバーを交換するたびに
軽く拭くだけなので掃除も
超簡単に終わります。

それにカバーがあれば
男性も汚さないようにと
気をつけるきっかけにもなり
座ってするようにもなることがあります。

便座もふたも樹脂製の場合が
ほとんどなので黄ばみの原因は
尿汚れだけでなく
本当は他にもありますが
カバーを使用することは
その黄ばみ対策にもなります。

どうしても取れない黄ばみは
尿汚れではない場合もありますが
そちらの落とし方や原因については
関連記事を参考にしてみてください。

関連記事
⇒ウォシュレットの黄ばみをごっそり取る方法

⇒便座裏の黄ばみを簡単に落とす方法と予防の話

⇒便器の奥の黒ずみと黄ばみが簡単に一瞬で消える魔法のような方法

トイレ便器の蓋汚れや黄ばみが落ちない時の掃除で一番簡単な落とし方のまとめ

トイレの便器のふたは
洗剤を使いたければ使っても
良いでしょうが
臭いがなくなるまで水拭きを
繰り返すのは時間がかかります。

とりあえず水拭きだけでも
時間をかければ
そこそこの黄ばみも取れますし
時間をかけたくない場合は
メラミンスポンジの使用ならば
とにかく早く終わります。

次回からもっと早く終わらせるなら
やはりカバーは有効ですし
これをきっかけに
男性が座ってするようになれば
さらに掃除も楽になりやすいので
こちらは本当におすすめです。

スポンサードリンク

 - 生活の話 ,