青空暮らし

*

パンプスに靴下は履かないもの?変に見えないダサイと思われない方法

   

パンプスに合わないときとか

靴下は履かないほうがよいのかと

感じることがあります。

それでもうまく靴下を合わせて

履く方も最近は増えましたし

なぜこのようにコーディネートで

変とかおかしいとならずに

素敵な履き方ができるのか原因と

合わせ方について紹介しました。

最後までお読みいただければ

誰にでもできる簡単な方法や

コーデのセンスに自信がないとか

まったくわからないという場合でも

おばさん臭く見えない方法として

ダサいと感じさせないコツなど

具体的に分かりやすく説明したので

参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

パンプスに靴下は履かないもの?

パンプスに靴下を履くということは
靴擦れの予防とか匂い対策とか
そういう悩みや対策のために
やむを得ない事情もあります。

ですがパンプスに靴下って
場合によってはマナー違反で
常識的に考えて履かないものです。

たとえば面接や自分の職場などの
ビジネスシーンはもちろん
結婚式みたいなフォーマルな場では
基本的にストッキングを履きます。

たしかに最近はパンプスでも
靴下を履く方は増えてきました。

しかしTPOを考えたファッションです。

あくまでもプライベートでは
問題ないといえるでしょうね。

しかしいくらそのような
カジュアルシーンであっても
変とかおかしいとか
そういう風に見えることもあります。

そちらについてもうすこし
説明していきますね。

パンプスに靴下は変?おかしい?

パンプス自体に持たれる
他人から見た印象というのは
さまざまでしょうが
誰から見てもおかしい見た目でも
同性ならば正直に言えないことは多いです。

まあ、これはただの経験談ですが・・・

たとえば雑誌の特集などでは
パンプスにカジュアル感を出すとか
そういう小技的なネタとかで
可愛くコーディネートとか
いろいろ紹介されていたりもしますよね。

ですがパンプスによっては
やはりどうしても合わないものは
合わないんですよね。

まあ、当たり前なんですけど・・・


スポンサードリンク

どうすれば合うのかとか
いろいろ考えがちですが、
パンプスに靴下が合わないのではなく
靴下にパンプスが合わないだけって
そういう可能性も高いんですよね。

同じような意味に感じるでしょうが
変に見えて男ウケが悪いとかも
ファッション性を無理に出せば
そういう原因からくる影響は
大きかったりします。

ちょっとわかりにくいと思うので
具体的に説明していきますね。

パンプスで靴下が見えないダサイと思われない方法

パンプスに靴下が合わない原因は
そのパンプスにカジュアル感が
あるかどうかが重要になってきます。

つまりビジネス感やフォーマル感が
強いパンプスほど合わせにくく
時にはダサイと思われる可能性も
けっこう高くなります。

しかしデザインにもよりますよ。

だから先ほどパンプスによるって
チラッと言ったんですよね。

こういうコーデはセンスなので
よくわかんない時や自信がないけど
靴下を履きたいという場合は
履いても見えない靴下などが無難でしょう。

こういう人気があるパンプス用の
靴下やフットカバーとかも
けっこう需要もありますし
それだけ有効だったりしますね。
→パンプス用靴下 フットカバー人気ランキング[楽天]

逆にあえて見える靴下を履くなら
やはり大人らしさではなく
可愛らしさを出すのがセオリーで
カジュアル感のあるパンプスが
よくわかんない時には
女の子らしさのあるパンプスを
選ぶとかのほうがしっくりくると思います。

ストラップ付きのパンプスとか
つま先が丸いラウンドトゥは
特に見た目がすでに可愛いので
おばさん臭さも感じにくいですね。

そういう女の子らしさに
抵抗があるという場合でも
秋色カラーの同様のパンプスなら
幼さがけっこう薄れるので
白ソックスとか合わせるだけで
素敵な大人っぽさを
演出することも可能です。

こちらのように人気あるデザインは
けっこう参考になりますし
歩きやすいパンプスなどでも
格安なのに見た目もおしゃれなので
そういうのも素敵ですよね。
→カジュアルパンプス 人気ランキング[楽天]

パンプスに靴下は履かないもの?変に見えないダサイと思われない方法のまとめ

パンプスに靴下というのは
最近は多く見かけますが
靴下ではなくストッキングを
履くものというイメージが
かなり強いですし
その履く場面によっても
場違いとなるため難しかったりします。

そういう変に見える原因の多くは
ずばり違和感なので
ビジネス用やフォーマル用では
合わない可能性も高く
それでも靴下を履くならば
見えないタイプが無難でしょう。

靴下に合いやすくてちぐはぐ感が
あまり出ないというのは
カジュアルなパンプスで
それでもビジネス感がチラつけば
ダサいとなりやすいですね。

若いデザインでも色を変えれば
たちまち大人っぽくもなるので
そういう靴下を履くシーンに
パンプスを合わせるというのは
デートでのコーデにも役に立つかもしれません。

スポンサードリンク

 - 仕事の話 ,