青空暮らし

*

長岡花火 アピタの駐車場の満車時間や屋上と近くの見える場所について

      2018/07/10

長岡まつり大花火大会当日の

アピタ長岡店(リバーサイド千秋)の

駐車場の満車時間や帰りの混雑と

屋上の無料観覧席だけでなく

周辺の見える場所について紹介してみました。

こちらから見える花火は

穴場としても多くのサイトで

紹介されていることもあると思います。

この時点で穴場といえるかどうかも

かなり微妙かと思いますが、

最後までお読みいただきながら

今年2017年の攻略方法として

2016年の実際の情報も含めて

参考になればと思います。

スポンサードリンク

長岡花火 アピタの駐車場の満車時間について

花火大会当日はたとえお買い物でも
かなり早くから駐車場は混雑します。

ですが、午前中〜お昼頃であれば
買い物だけして退場する車も
そこそこあるでしょう。

そのため駐車場だけで言えば
少し早めの到着であれば
入れないということもありません。

しかし、お昼過ぎ以降の到着なら
自動車での入場は
かなり難しいと思います。

なので、この場合に有効なのは
イオン長岡の駐車場を利用する方が
もっとも手っ取り早い方法かもしれません。

この場合は過去記事の
長岡花火当日のイオン攻略法でも
詳しく紹介しているので
そちらをご覧ください。

ですが駐車場といえば
こちらの屋上駐車場から見る
長岡花火が穴場とも言われますね。

次はそちらについてもう少し詳しく
紹介していきたいと思います。

長岡花火 アピタ屋上について

アピタ長岡店のある
リバーサイド千秋の屋上は
花火大会当日の2日間
一般開放されると思います。

ちなみに2016年は
15時〜21時までが
開放時間となっていました。

当然ですが当日は自動車も
そちらに乗り入れはできません。

屋上には招待用の
観覧席もあったりもしますが
無料で観覧できるのは
その後方になります。

そのため場合によっては
花火が見えにくい場合もあります。

ですがこちらの屋上では売店もあり
アピタのジュースやビール以外にも
サンドイッチのSUBWAYや
サーティーワン31の
アイスクリームなど
15時〜20時30分まで楽しめます。


スポンサードリンク

出店時間や参加店舗は
あくまでも2016年の流れで
推測したものですが
店舗は他にもいくつか出店すると思います。

普通に穴場として多くのサイトで
紹介もされているため
当日に限ってはそこそこの
混雑もありそうですね。

では、その場合屋上以外では
どのような場所が近くには
見える場所があるのでしょうか?

次はアピタ周辺の
花火の見える場所について
色々紹介していきますね。

長岡花火 近くの見える場所について

花火は屋上に行かなくても
周辺でも普通に見ることが出来ます。

例えば近くの土手は混雑も
激しかったりもしますが
後ろの方なら問題なく
普通に座れるスペースもあります。

もちろん路上からも立って
鑑賞することもできます。

たった数メートル前で見たところで
その花火の見え方も変わりませんし
個人的にはなるべく後ろの方が
メリットは大きいように感じます。

というのも前の方では移動するにも
かなり気を使いますし、
後ろならば真っ先に移動できるので
誰よりも早く帰りやすかったりもしますね。

一番困るのはトイレですが
それはアピタでも十分可能で
花火大会が始まってしまっても
店内のトイレはびっくりするほど
ガラガラだったりします。

そのため屋上の雰囲気が
合わない場合にも
あえて外に出て
土手で見るというのは
けっこう良いかもしれません。

どっちみち終了後は退場する車で
かなりの渋滞もあり
2時間くらいは駐車場からも
出れないことはざらだったりします。

そのためこの駐車場の利用も
個人的におすすめはしていませんが
後ろの方で見る場合には
早めの退出移動も可能といえるでしょう。

関連記事
→花火大会当日のイオン長岡の攻略について

→長岡花火当日に絶対駐車できる穴場駐車場について

→長岡まつり大花火大会駐車場の満車時間情報

→長岡花火当日の東山ファミリーランドってどんな感じ?

→長岡花火当日の浴衣に着替え場所や着付けの料金など

→長岡花火会場周辺超格安ホテル一覧はこちらから(楽天)

長岡花火 アピタの駐車場の満車時間や屋上と近くの見える場所についてのまとめ

長岡花火当日のアピタ長岡店は
行きも帰りも混雑しますが
こちらを利用する場合は
午前中には到着したいところですね。

帰りの混雑はどこも
似たようなものなので
そちらに関しては出口付近の駐車が
本来ならば効率的には良いです。

しかし混雑時というのは
狙った場所の利用というのは
ほとんど不可能ですし
だいたい利用できるかどうかも
さっぱりわからないので
関連記事も参考にしてから
決めるのも悪くはないかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,