青空暮らし

*

結婚式の服装は男性もマナーのあるスーツでおしゃれをしよう

      2016/03/16

結婚式の服装で困るのは
女性だけではありません。

男性はスーツや礼服といった狭い選択肢で
あれこれ言われたりもするもの。

服装にうとい男性でも失敗しない
マナー重視のおしゃれ術をご紹介します。

スポンサードリンク
  

結婚式の服装って男性はどうする?

披露宴に呼ばれた男性の服装は
現在、スーツがほとんどです。

一般的に結婚式に参列する男性は
フォーマルスーツを着用します。

ブラックスーツ、タキシード、モーニングコート、
燕尾服などがフォーマルスーツです。

スーツは服の種類と考える方も多いですが、
その種類もこのように多岐に渡るため
服のジャンルであると思った方が、
今後の失敗を考えるといいかもしれません。

今回の場合では、結婚式に参列する男性は
スーツがマナーといったところでどんなスーツでも
マナー違反にならないというわけではありません。

昔と今じゃ時代が違うといったところで
仕事着のようなよれよれのビジネススーツや
逆におしゃれすぎるカジュアルスーツは
やはり好ましくはありません。

実際のところどのような服装が
マナーに反しないもので無難であるか
次の章でご紹介します。

結婚式の男性のマナー

昨今の結婚式は、昔に比べると
かなり個性的でカジュアルになりました。

とは言ってもマナーにうとい男性は
おしゃれにうとい男性に劣り、
周りの評価も下がりやすいものです。

先ほど紹介した4種類のフォーマルウェアにも
時と立場で遠慮したほうがいい場合があります。

まず、モーニングコートは新郎が着用します。
主役はあくまでも新郎新婦なので今回は
控えた方がいいかと思います。

タキシードや燕尾服なども礼服ですが、
夜に着用するものだとかいろいろあるので
ブラックスーツを選ぶのがいちばん無難です。

スポンサードリンク

その名前通り色は黒なので、一般的な式では
無地の黒に近い色または暗い色ならば良しとし、
黒に近い紺やグレーなどの着用が増えてきました。

シャツは白の無地か織り柄で
ネクタイは白かシルバーを
ベースにしたものが現在のマナーです。

結婚式のスーツをおしゃれに

いくらマナーとはいえ
みんなと同じ服装はイヤだとか、
少しくらいは個性をだしたいと
考えたりするものです。

まったく同じスーツで同じ体格でも
着る人によってかっこよくも
ダサくもなることもざらにあります。

その原因はサイズとも言われます。

昔、同じスーツを着たはずの
日本代表のなかで中田英寿選手だけが
ひときわかっこよく目立っていたのは
唯一オーダーメイドで作ったからだというのは
有名なはなしです。

自前のスーツを着てみて
サイズに余裕があるならば
一度店舗で測り直した方が
いいかもしれませんね。

ついでにシャツも測っておくと
サイズ選びに苦労することはありません。

それから、簡単に周りと
差をつけるには小物が便利です。

胸元からチラリとのぞくポケットチーフは
それだけで見た目をアップさせます。

基本的には白を選んでおくと間違いなしです。

最近ではネクタイで少々遊ぶ程度に
マナーにこだわらない柔軟な傾向が目立ちます。

そのためにもシャツだけは白にしておくと
どんな色でも合わせやすいですね。

まとめ

昨今ではきっちりした結婚式場ではなく
おしゃれなレストランを貸し切った
結婚パーティーなども増えてきました。

いくらカジュアルな式とは言え披露宴です。

ご年配の方や、それなりの地位の方も
参列することもあります。

そんなシーンに合わせたマナーはしっかりと守り
今後の役に立てましょう。

スポンサードリンク

 - 結婚式 ,