着物の和装ブラは必要?ブラジャーの代用と何もしない着けない場合

生活の話

成人式や結婚式などのイベントで着る着物や振袖の着付けに、和装ブラは本当に必要かどうか紹介しました。

例えば、そういうものが必要だったとしても、用意できない場合もありますよね。

そのため、代用できるブラジャーの代わりなんかもいろいろ紹介しました。

しかし、可能性で言えばブラをしない着けないという選択肢もあります。

このような場合、どんなデメリットがあるのかなどもちょっと生々しく説明しました。

また、小さい胸や大きい胸などは、サイズによっては下着を探すのも大変なこともありますよね。

今回紹介するいろんな方法によって、納得できる最適で素敵なものと出会っていただければと思います。

スポンサードリンク

着物の和装ブラの必要性について

振袖や着物などのような和服を着る際に、昔は現代のような下着はありませんでした。

そのため絶対に必要かといえば、使用しなくてもどうにかなるというのが正直な話になります。

しかし一般的な洋装用のブラジャーは、ワイヤーが入っていますよね。

実際の話、こういうものは着物に使用するのは困難です。

使用することは可能なんですけど、現実的ではありません。

和装の場合は、着物姿を綺麗に見せるために胸元やウエストに補正というものをします。

胸元の場合は、締め付けたりして胸をつぶす補正をするんですよね。

そのため通常の洋装ブラを着用した場合、ワイヤーが骨にあたるし食い込むしでかなり痛いと思います。

しかし和装ブラジャーの場合は、まさに和服のための下着です。

ワイヤーもないので痛くもなく、さらに着物姿もすっきりと綺麗に見せることも可能です。

また和装ブラは、何もつけずに晒しを巻くよりもお手軽ですし、かなり利点が多かったりします。

しかし和装ブラはそこら辺に売っているわけではないので、やはり急には用意できないこともあります。

サイズもなかったりした場合には、どうすればいいか不安もあるかもしれません。

次は、そんな時のための和装ブラの代用品について説明したいと思います。

着物の和装ブラジャーに代用できるもの

和装ブラジャーの代わりに、スポーツブラやブラトップを使用する方も最近は多いです。

しかし、着付けの際に着物屋さんにある和装ブラのサイズが、どれも合わないという場合もあります。

そんな時は着付け師さん本人から、スポーツブラの着用を勧められることも珍しくはありません。

しかしスポーツブラやブラトップは、選び方も重要だったりします。

実はなんでも良いわけではありません。


スポンサードリンク

まず、上から覗いても肩口からブラの紐などが見えないものというのが大前提となります。

それから、カップがついているものは、着物姿を綺麗に見せるためには邪魔になるので避けた方が良いです。

通常は、着付け時にタオルなどで、胸元を補正すると思います。

この場合、胸を小さくするのが一般的な和服の補正になります。

カップがあれば、胸の形は守れますが着物姿や振袖姿が綺麗に決まらないこともあります。

そのため条件に合うなら、カップのないハーフトップやフラットブラなどもありです。

こういう大きい胸を小さく収める機能のものでも、十分に代用できたりします。

たとえば、着物以外でもワンピースなどを着る場合にも、そのデザインによっては胸が小さく見えた方が見栄えが良かったりしますよね。

和装だけでなく普段着でも使用できるというのは、かなり便利かもしれません。

ただ、わざわざそんなの用意しなくても、着付けができるなら必要ない気もしますよね。

やはり納得できないものを、無理やりお勧めしようとは思いません。

そのため、次は何もつけない場合についてもう少しお話ししていきますね。

着物のブラジャーで何もしない着けない場合について

着物をノーブラで着るということも、普通に可能です。

しかしほとんどの場合は、誰かに着付けをしてもらいますよね。

ご自分で着付けができるならば、別に問題はないでしょう。

ですが、ほとんどの場合は慣れていないと、その日のうちに成功させるというのも難しいと思います。

それでも指導者が見てくれていれば、まだ可能性もあります。

しかし、誰かに着付けをしてもらう場合や指導者がいる場合、人目があるため恥ずかしい思いをしてしまいます。

まあ、着付けする方は他人の胸を見慣れた人ばかりだったりするんですけどね。

ですが、一般的には他人に見せ慣れた方というのはそうそういませんよね。

そのため、通常の洋装用のブラジャーで着付けに行く方も多くいます。

その場合上で紹介したようなデメリットがあるため、やはり外すように指示されるのがほとんどなんです。

こういう場合も、人目に晒されることが多いですね。

それを知っている人も多くいるので、大体の方が成人式当日などに代用品を用意しています。

紹介したような和装ブラや代用品の場合は、その上から何の問題もなく着付けしてもらえるからなんですけどね。

たぶん、ブラジャーをしないデメリットは恥ずかしさのみとも言えるかもしれません。

しかし、現実的にはこういうものだと開き直れる方はそこまで多くもないでしょうね。

関連するまとめ記事
→知らなきゃ損する着物の下着テクニック まとめ

→え?この美女誰?どんな体型も着物美人になれる魔法術まとめ

着物の和装ブラは必要?ブラジャーの代用と何もしない着けない場合のまとめ

着物の和装ブラがないよりは、あった方が着付け時にはかなり便利です。

しかし和装ブラの使い所は、着物や振袖を着る時ともいえます。

それに比べれば代用ブラの方が、通常時など着用頻度も多いので利便性で言えば和装ブラは微妙でしょう。

しかし、ものによっては着付け師さんにブラを外すように指示される可能性もあります。

その際は人目に胸を晒してしまうので、恥ずかしい思いをしやすかったりします。

たとえばストラップもパットも取り外し可能なワイヤーなしのソフトブラなら、着物以外でも普段から使用できますし便利かと思います。

関連記事を参考にしながら、もう少し慎重に考えるのもありかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました