青空暮らし

*

長良川花火大会2016年ホテルからよく見える部屋と予約について

   

長良川花火大会の見えるホテルや旅館を

今回は紹介しますが、お部屋から見える

だけではなく、様々な鑑賞プランのある

そんなおすすめの宿を紹介します。

宿泊予約がダメだったとしても

ちゃんと楽しめる方法も提案しますね。

スポンサードリンク
  

長良川花火大会の2016年おすすめのホテル

私が最初に紹介する宿は
岐阜グランドホテルです。

こちらのホテルはあの高須クリニックの
院長も予約するような花火プランを
毎年開催しています。

というのもこちらの目の前から
花火は打ち上がるため
長良川花火の絶景が楽しめます。

目の前のため打ち上げ花火は
真上に上がりホテル前で
見る方も多いですね。

30万人も集まる人出の中で
暑い思いをしながら
花火を見たくない方は宿泊ではなく
食事付きの花火鑑賞プランを
選んだ方が良いですよ。

花火大会開始時間まで涼めて
ゆっくりすることができますし
場所取りの必要もないので
対策いらずっていうのは最高ですよね。

宿泊ならすぐに満室になり
ちょっと無理っぽいかもしれませんが
食事付きプランはわりと
直前でも予約が取れることもあります。

私が利用した5、6年前は
1週間前でも余裕で予約できましたし
料金も6000円くらいでした。

駐車場の確保とかもお考えなら
このプランのサービス範囲内でしたので
行きはかなり楽でしたね。

その代わり帰りは大変です。

そのため宿泊の予約ができない場合は
駅周辺のホテルの予約を取り
そこからバスなどでこちらまで
来る方も多かったですね。

帰りはバス待ちするよりは
徒歩で駅まで帰った方が早かったです。

また、岐阜駅周辺のホテルでは
駐車場がなかったりする場合もあるので
そこだけは注意ですね。

そんなときは
花火大会当日も駐車しやすい安心で安い駐車場
を参考にしてみてください。

岐阜グランドホテル
岐阜県岐阜市 長良648
058-233-1111

長良川の花火でめっちゃよく見えるホテルの部屋

次に私がおすすめするホテルは
岐阜都ホテル(ぎふみやこホテル)です。

こちらはお部屋から花火を楽しめる
そんな最高のホテルです。

お部屋から見える花火は
めちゃめちゃきれいで
一生の思い出にもなりますよ。

ただ、どの部屋からも見れるわけでなく
見れない部屋もあるんですよね。

スポンサードリンク

そんな方にも思いっきり楽しめる
都ホテルの花火宿泊プランが
用意されています。

最上階から見る花火は
とても大きくて迫力があって
さらに涼しい場所からゆっくりと
鑑賞できるので本当に最高ですね。

こちらのレストランの
ビュッフェもすっごい豪華なんですが
とくに肉好きには忘れられない
思い出もできそうですね。

霜降り牛のステーキは本当に柔らかくて
噛むと肉汁がすっごい溢れて
いくらでもぺろっと食べれちゃいます。

他にもうどんなどのあっさり系や
中華料理もそろっていて
夏にはとくに嬉しいソフトクリームも
美味しくいただけます。

そんな鑑賞プランもかなり素敵です。

岐阜都ホテル(ぎふみやこホテル)
岐阜市長良福光2695-2
058-295-3100

長良川花火が見えるホテルの予約

続いて紹介するのは
鵜匠の家すぎ山です。

こちらは鵜飼の舟を利用した
鑑賞プランがあります。

河川敷からではなく川から
直接花火を真下から見るので
迫力はめちゃくちゃすごいです。

こちらの鑑賞プランでは
舟で料理を楽しみながら、
花火が鑑賞できます。

宿泊予約もかなり人気が高いので
こちらの船上鑑賞プランだけでも
一生の思い出になりますよ。

それから最後のおまけにもう一つ
十八楼という旅館もおすすめです。

こちらの場合は屋上から
花火を鑑賞するプランがあります。

花火も迫力があって
いい距離で綺麗に見えるので
常連さんには人気があります。

夕食も屋上でいただくため
涼しい風を感じながら
ゆったりと楽しめると思います。

花火鑑賞後のお風呂が何よりも最高で
個人的にも展望露天風呂は
かなりおすすめです。

きっと旅の疲れだけではなく
心の疲れも癒してくれますよ。

鵜匠の家すぎ山
岐阜市長良73−1
058-231-0161

十八楼(じゅうはちろう)
岐阜市湊町10
058-265-1551

長良川花火大会2016年ホテル鑑賞プランまとめ

長良川花火大会はかなり多くのファンを

集める大規模な花火大会のため

このような鑑賞プランは

熱中症の心配などもしなくても良いので

かなり安心ですよね。

また、花火鑑賞後の帰りは

とても混雑が激しいので

入浴してから帰るのも意外と良いので

最後に紹介してみました。

車で行く際にはくれぐれも

気をつけて運転してください。

今回も参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - お出かけ・観光 ,