着物に肌襦袢を着ないのはアリ?その必要性と代わりの代用品について

生活の話

成人式や結婚式などには、振袖や着物を着る機会もあります。

和装下着の肌襦袢は本当に着ないとダメ?と感じる方や、必要性があるのか気になる方も多いです。

今回は肌襦袢の効果と必要性や、着ない場合の代わりになる代用品についても、紹介していきたいと思います。

マナー的なことも紹介しますが、着付け時のメリットやデメリットなど、事前に知っておくことで今後もお役に立てるかもしれません。

スポンサードリンク

着物に肌襦袢を着ないのはアリ?

基本的に長襦袢を着るため、着物の場合の肌襦袢は絶対に必要というわけではありません。

そのため着なければいけない!着ないとダメ!ということもありません。

なので着ないことが、マナー違反ともそうそうなりません。

しかし、着付けをしてもらう場合は「え?ないんですか?」と言われる可能性はあります。

だって、何もなければ下着の上からいきなり長襦袢なんですよね。

着付けしてもらう時は、ちょっと気恥ずかったりします。

それでも肌襦袢は、なければないでどうにでもなります。

どうせ上から長襦袢を着るので、そこまで大きな問題にはなりません。

ではなぜ肌襦袢は存在するのでしょうか?

この世に存在するからには、何かしらの役割や大きなメリットがあるはずです。

続いて肌襦袢を着ることで、どのような効果があるのか、着る意味と必要性について説明します。

着物や振袖の肌襦袢の必要性について

肌襦袢を着る意味としては、いろいろな説があります。

しかし最も大きいメリットとしては、長襦袢を汚さないという利点があります。

もしも肌襦袢を着ない場合、長襦袢に直接肌が当たります。

長襦袢のすぐ上は着物ですよね

つまり大量の汗をかいてしまうと、汗染みはもちろんですが、着物に体臭も付く可能性があります。

この場合、レンタルの着物だったらどうでしょう?


スポンサードリンク

最悪の場合は弁償の可能性もあります。

しかも理由が恥ずかしいですよね。

購入した際でも同様ですが、この場合はクリーニングの料金にも関わってきます。

少しの放置でも管理が悪ければ、シミが出来てしまいます。

染み抜きにかかる料金は様々なので、高額になる可能性もあります。

そのため、できるだけ早めのクリーニングをお願いしましょう。

肌襦袢はいわゆる下着なので、汗を吸い取るため機能的とも言えます。

長襦袢を汚さない予防効果的な役割と考えると、簡単に理解ができると思います。

もっと簡単にいうと、Tシャツみたいな役割です。

だったらTシャツでいいじゃない!って思いませんか?

どうせ上に長襦袢着るんだから、それでもいいとか思っちゃいますよね。

実はそんなことはありません。

次は、少し肌襦袢の代わりになる、肌着選びについて紹介したいと思います。

着物や振袖の肌襦袢の代わりになる代用品について

一番初めに言いましたが、肌襦袢の上に長襦袢を着るため、絶対に着なくてはいけないというわけではありません。

これは着物姿のどの方向からも、長襦袢の下が見えないからです。

しかしTシャツではどうでしょう?

確実に襟元から見えますよね。

このように襟抜きしたときに、見えちゃうのはアウトです。

要するに襟くりが深いものならOKとも言えるんですよね。

ピンとこない場合は、襟が広いものはOKというニュアンスで、考えていただければ良いと思います。

肌襦袢に代わるものでいえば、着物スリップが主流です。

ほとんどの場合は、肌襦袢に裾よけがセットになります。

裾よけは足元の下着です。

着物スリップ(和装スリップ)はワンピースのように一体型なので、一着あれば履き物も不要です。

上ばかりに気をとられると、下のほうを完全に忘れがちですもんね。

あなたが恥ずかしくなければいいだけなんですが、着付け時に堂々とパンイチというのもすこし微妙かもしれません。

そのため、もっとも簡単に着やすいものとして、個人的にはやはり和装スリップがおすすめですね。

その中でも他と比べて、圧倒的に楽で紐がないから着付けにも便利と、かなり評判の良い着物スリップはこちらです。

スリップ 着物【今すぐ3点で使える7%OFFクーポン】きものインナー 着物 スリップ 白色 M L LL サイズ レディース 女性 裾除け 巻きスカート 日本製 裾さばきが違う 実用新案登録 吸水 速乾 消臭【メール便 送料無料】

関連記事
→裏技たっぷり!着付け時のまとめ

→格安なのにスマートに見えるズルい着物選び

→知らなきゃ怖い!振袖の着付け時の下着について

→成人式に生理がきそう!そんな時の振袖対策とトイレの仕方について

→着付けに安心の和装ブラと代用ブラ!知らずにNGブラを着けた時は・・・

→忘れただけで大失敗!振袖姿を誰よりもめっちゃ綺麗に見せる補正タオルの選び方

→え?この美女誰?身長が低い人でも着物美人に変身する振袖選びのテクニック

→めっさ安い!成人式の振袖を着ない場合と買えない場合の不安解決法

→新成人必見!メガネ女子のための最新着物美人講座

→まるで別人!着物一つでシュッと痩せて見える魔法のようなテクニック

着物に肌襦袢を着ないのはアリ?その必要性と代わりの代用品についてのまとめ

着物や振袖だからといって、和装下着の肌襦袢を着ないことは、別に問題ありません。

ただ、着ない場合は、長襦袢や着物を汚すリスクがあります。

着付けをしてもらう時も、かなり恥ずかしい思いをすることも・・・

リスクを考えると肌襦袢は必要ですが、代わりになる代用品があれば、そのリスクも軽減されます。

着付け時にも恥ずかしくない着物スリップは、特に助かるし安いので、この機会に用意するとかなり便利でしょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました